テレサ・カルピオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

テレサ・カルピオ(杜麗莎、Teresa Carpio、1956年9月30日 - )は、香港歌手女優である。代表曲は「假如」「真愛」「I Believe I Can Fly」など。

アメリカで活躍する女優のT. V. Carpio(en)は実の娘。

人物・経歴[編集]

1963年、6才の時、歌のコンテストで「ベイビー・フェイス」「先生のお気に入り」を歌って優勝。以後学校へ通いながらテレビやチャリティショウで活躍。

1970年に来日。赤坂のクラブでフィリピンのロック・バンド、デ・スーナーズ (D'Swooners)をバックに歌っているところを勝新太郎にスカウトされ、勝プロダクションに所属。1971年5月、日本コロムビアのDENONレーベルよりシングル「混血児マリー」でデビュー(テレサ名義)。同年シングル「ふたりはいつも」、デ・スーナーズとのLP「デ・スーナーズ/テレサ」をリリース後、香港に帰国。

香港で立て続けにヒット作を飛ばした後、カナダに移住。その後、再び香港に戻り、音楽教師の仕事に就く。門下の学生には、サミー・チェンフィオナ・シットジジ・リョンセシリア・チャンなどがいる。

2007年第30回香港十大中文金曲領奨音楽会において、最高栄誉賞である金針奨を受賞する。

日本語における表記は「テレサ・カーピオ」と表記される場合がある。

出演作品[編集]

映画[編集]

関連項目[編集]

  • テレサ・カルピオ国際演芸学院
  • 香港演芸学院
  • ジョージ・ラム -1994年第17回香港十大中文金曲において金針奨を受賞。2007年には一緒にコンサートも行った。

外部リンク[編集]