ウォン・カークイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウォン・カークイ
出生名 黄家駒
生誕 1962年6月10日
香港の旗 イギリス香港
死没 (1993-06-30) 1993年6月30日(満31歳没)
日本の旗 日本 東京都女子医科大学病院
ジャンル ロック
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル、ギター
活動期間 1983年 - 1993年
レーベル FUN HOUSE
事務所 ソニー・ミュージックエンタテインメント

ウォン・カークイ(黄家駒、Wong Ka Kui、コマ・ウォン、Koma Wong、1962年6月10日 - 1993年6月30日)は香港ミュージシャンロックバンドBEYONDのリーダーである。

来歴[編集]

1983年、BEYONDを結成して大半の楽曲を作曲していた。1986年、レコードデビューして香港を代表するロックバンドとなり、シンガポールマレーシア台湾などでも活動。香港の80年代後半から90年代前半の音楽シーンにおいて活躍した。

1991年来日、1992年日本デビューする。「The Wall~長城~」は『進め!電波少年』(日本テレビ)のオープニングテーマ曲に使われた。

1993年6月24日午前1時15分、『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!』(フジテレビ)の収録中に約3メートルの高さの台から転落して頭を強打し、意識不明のまま病院に搬送され、6月30日午後4時15分、東京女子医科大学病院で31歳で死去する。31歳の誕生日から20日後だった。内村光良も転落して負傷し(詳細は同番組の項を参照)、同番組は打ち切りとなる。家駒の死は中華圏で新聞一面に大々的に取り上げられた[1][2][3]。テレビでも連日のように特別番組が放送され、CDも売り切れが続出することとなった。

2008年5月、香港の芸能人協会はテレビ・ラジオ局などと協力し、四川大地震被災者に向けた応援ソング「承諾」をレコーディングした。「承諾」は家駒が作曲した「海闊天空(日本語版タイトル:遥かなる夢に~Far away~)」に、アンディ・ラウが新たに歌詞をつけたものである[4]。2008年6月10日、家駒の誕生日、逝去15周年を記念して、香港コンベンション&エキシビジョンセンターでコンサートが開かれた[5]。同日、「BEYOND黄家駒・没後15年記念展」が香港で開催され、収益金は家駒名義で募金された。スティーブ・ウォン(家駒の実弟でBEYONDのメンバー)は「このコンサートでは、兄の歌声を真似て未発表曲すべてを歌いたい」と語った。メンバーの黄貫中(ポール・ウォン)と葉世栄(ウィング・イップ)にも出演を呼びかけるという。ささやかれる不仲説については「確かにメンバー同士の揉め事があって、それはお互いに矛盾点を感じているから。すぐに解決できるとは思わないけど、20年以上も共に活動した音楽仲間には変わりない」と語った[6]

日本語アルバム[編集]

代表歌[編集]

日本語[編集]

  • 遥かなる夢に~Far away~、くちびるを奪いたい、君には僕が(1993年7月
  • The Wall~長城~、手紙(1992年9月

広東語[編集]

出演作品[編集]

香港出演の映画[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]