男たちの挽歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
男たちの挽歌
英雄本色
監督 ジョン・ウー
脚本 ジョン・ウー
製作 ウォン・カーマン
製作総指揮 ツイ・ハーク
出演者 チョウ・ユンファ
ティ・ロン
レスリー・チャン
音楽 ジョセフ・クー
撮影 ウォン・ウィンハン
公開 香港の旗 1986年8月2日
日本の旗 1987年4月25日
上映時間 95分
製作国 香港の旗 イギリス香港
言語 広東語
次作 男たちの挽歌 II
テンプレートを表示

男たちの挽歌』(おとこたちのばんか、中国語: 英雄本色、英題:A Better Tomorrow)は、1986年制作の香港映画。監督はジョン・ウー、主演のチョウ・ユンファはこの作品が出世作となった。

概要[編集]

それまでコメディ映画やカンフー映画が主流だった香港映画界に、“香港ノワール”とも呼ばれる新しい流れを作った記念碑的な作品である。かつて「映画の黄金時代」と言われた時期に日本で量産された娯楽映画(とりわけ、昭和30年代を中心に一世を風靡した日活のアクション映画、および昭和40年代から50年代にかけて一時代を築いた東映ヤクザ映画)を彷彿とさせる内容、激しいガンアクションや火薬を大量に用いた爆発シーンは話題を呼び、香港のみならずアジア各国でも大ヒットした。また、スローモーションを多用した銃撃戦は、サム・ペキンパーの『ワイルドバンチ』の影響を強く受けたと言われている。さらにセルジオ・レオーネ深作欣二からも多大な影響を受けていることは有名である。逆にこの作品が後世の映像作家に与えた影響も大きく、『マトリックス』シリーズのウォシャウスキー兄弟も「日本のアニメとジョン・ウーのファンだ」と公言している。

この人気により、『男たちの挽歌 II』『アゲイン/明日への誓い』とシリーズは計3本製作された。他にも『狼 男たちの挽歌・最終章』『ハード・ボイルド 新・男たちの挽歌』といった作品もあるが、こちらは監督と主演が同じだけでシリーズとは関連性がなく、日本で勝手に同じタイトルがつけられたものである。しかし、ツイ・ハーク、ジョン・ウーの2人とも「男たちの…」という邦題を気に入っており、『狼』に関しては「男たち」の使用を許可したようである。

第6回香港電影金像奨最優秀作品賞・最優秀主演男優賞(チョウ・ユンファ)、第23回金馬奨最優秀監督賞を受賞している。

ストーリー[編集]

香港マフィアの幹部、ホーは闘病中の父と学生である弟キットの面倒を見ていたが、弟が警官になる希望を持っていることで病床の父から足を洗うよう頼まれる。了解したホーは、次回の台湾への贋札の取り引きを最後に、闇社会から足を洗おうと決意する。しかし、取り引きは密告によって警察に知られており、同行した後輩シンを逃し、ホーは自首することになる。その間、香港では父が陰謀によって殺され、そのことでキットは尊敬する兄が香港マフィアと知る。一方、ホーの親友マークは報復のために乗り込んだレストランで敵を皆殺しにしたものの、足を負傷するというアクシデントに見舞われる。

数年後、ホーは出所するが、今では警察官になり結婚もしているキットから、父親の死の責任とマフィアの兄を持つことから出世の出来ない不満をぶつけられた上に追い出され、親友マークは怪我で自由の利かない体になったことから雑用以下の扱いを受けるほど落ちぶれていた。そして元は後輩だったシンがマフィアで権力を握るようになっていた。

ホーは弟と和解するためにも堅気となり、穏やかに暮らそうとするが、周りはそんな彼を放ってはおかなかった。マークは現状を変えるために協力を求め、シンも自分に力を貸すよう強要する。しかしシンは自分の敵となる人物たちの粛清を始め、その手始めに組長のユーが殺された。現状を知ったホーは弟との絆、親友との友情のためにマークと共に銃を手に取る。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語版1 日本語版2 日本語版3
マーク(李馬克) チョウ・ユンファ 磯部勉 相沢正輝 玄田哲章
ホー(宋子豪) ティ・ロン 堀勝之祐 大滝進矢 堀勝之祐
キット(宋子杰) レスリー・チャン 井上和彦 高木渉 関俊彦
ジャッキー エミリー・チュウ中国語版 中原麻衣 増田ゆき 玉川砂記子
シン(譚成) レイ・チーホン 堀内賢雄 成田剣 大塚芳忠
キン(堅叔) ケネス・ツァン 野島昭生 青山穣 広瀬正志
ホーの父(宋景文) ティエン・ファン中国語版 藤本譲
ユー社長 シー・イェンズ中国語版 佐々木敏 山野井仁 村松康雄
シンの手下 シン・フイオン中国語版 山野井仁
ワンの代理を名乗る男 青山穣
偽札技師 レウ・ミン中国語版
香港警察・部長 ケン・トン 田中正彦 若本規夫
台湾警察・警部 ジョン・ウー 森田順平 山野井仁 納谷六朗
音楽学院の審査員 ツイ・ハーク
台湾黒社会のボス 王俠中国語版
  • 日本語版1 - 2013年発売のパラマウント発売の日本語吹替収録版BD&DVD 翻訳:高橋結花 演出:市来満
  • 日本語版2 - 1999年発売のカルチュア・パブリッシャーズ発売のDVDのみ収録
  • 日本語版3 - 初放送1989年2月21日 TBS火曜ロードショー』 翻訳:木原文子 

主題歌[編集]

「當年情」
作詞 - 黃霑、作曲・編曲 - 顧嘉煇、歌 - レスリー・チャン

挿入歌[編集]

「免失志」
作詞 - 王秀英、作曲 - 陳宏、歌 -陳小雲中国語版:楓林閣襲撃シーンで流れる曲
「明天會更好」
作詞 - 羅大佑張大春中国語版、許乃勝、李壽全中国語版邱復生中国語版シルヴィア・チャン詹宏志中国語版、作曲 - 羅大佑、編曲 - 陳志遠中国語版

スタッフ[編集]

制作へのきっかけ[編集]

香港映画界で独自の路線を貫き通したことでジョン・ウーとティ・ロンが中華民国(台湾)に追われることになり不遇の生活を送っていたところ、友人であるツイ・ハークが「もう一度、香港で映画を作ろう」と中華民国に出向いて香港映画界に復活させたことが本作の制作のきっかけとなった(そのエピソードは、冒頭の出所したホーを警部が迎えに行く場面に引用されている)。尚、当時ジョン・ウーが在籍していたのは、ゴールデン・ハーヴェスト社で、ソルジャー・ドッグスの暴力描写が問題となり、干されることになったという。

リメイク作品[編集]

基本的なストーリーはオリジナルとほぼ同じであるが、主要人物が北朝鮮、朝鮮民主主義人民共和国からの脱北者である。オリジナル以上に悲劇的な結末などリメイク版独自の展開が追加されている。 キャッチコピーは 「最期に賭けたものは、「明日」。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW 公式サイト

外部リンク[編集]