南京1937

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南京1937
タイトル表記
繁体字 南京大屠殺
簡体字 南京大屠杀
ピン音 Nánjīng dà túshā
英題 Don't Cry Nanking
各種情報
監督 呉子牛(ウー・ズーニウ)
脚本 徐天生(シュー・ティエンション)
梁暁声(リャン・シャオション)
洪維健(ホン・ウェイジェン)
張翼平(ヂャン・イーピン)
製作 呉宇森(ジョン・ウー)
製作総指揮 王應祥(ワン・インシャン)
出演者 秦漢(チン・ハン)
早乙女愛
音楽 譚盾(タン・ドゥン)
撮影 楊慰(ヤン・ウェイ)
侯咏(ホウ・ヨン)
編集 何文章(ホー・ウェンヂャン)
美術 章暁濱(ヂャン・シャオビン)
朱剛(チュー・ガン)
路奇(ルー・チー)
公開 日本の旗 1998年5月2日
上映時間 110分
製作国 中華人民共和国の旗 中国
香港の旗 香港
台湾の旗 台湾
言語 中国語
日本語
英語
ドイツ語
テンプレートを表示

南京1937』(なんきん-、原題: 南京大屠殺)は、1995年に製作された中国香港台湾合作の映画

日中戦争中の1937年に起こったとされる南京事件を描いた作品。日本人俳優も出演している。日本での公開は1998年5月2日

概要[編集]

監督の呉子牛は様々な作品を手がけ、本作品は日中友好を願う中国側の機運の中で製作された。中国ではこれ以前にもこれ以降にも南京事件を描いた映画は多いが、本作は公開当時、それまでで最も制作費が大きく、平和的な作品であったため、中国ではあまり評価が高いとは言えない[1]

日本での公開に際しては右翼団体による上映への抗議や妨害行動があり、上映期間を短縮して打ち切った映画館があったほか、上映を企画していた市民団体自治体から上映目的の施設使用を一時拒否される事態も発生した[2]

あらすじ[編集]

日中戦争のさなかの1937年、中華民国の首都南京へ中国人・日本人の夫婦・親子が帰ってくる。やがて南京も日本軍によって陥落する。日本軍は降伏した中国軍の将兵を虐殺、難民区に避難した南京の婦女子を夜な夜な襲う。難民区の管理者は必死に抵抗するが、ある晩ついに…。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 笠原十九司『南京事件論争史』平凡社新書、2007年
  2. ^ ノーモア南京の会・東京

外部リンク[編集]