十年 (2015年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

十年(Ten Years)』(じゅうねん)は、2015年12月公開の香港映画[1]。5人の若手映画監督が10年後(2025年)にディストピア[2][3][4]となった香港を描くオムニバス映画である[1]台湾公開は2016年8月5日。日本公開は2017年7月22日

概要[編集]

自主制作映画であり、2015年12月17日の封切り時に上映する映画館は1館のみであったが、口コミによって評価が広がり、香港中で上映されるようになった。制作費は短編5話の合計で50万香港ドルだが、2016年2月の上映最終日までの香港での興行収入は、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を上回る600万香港ドルを超えている[1]

2016年の第35回香港電影金像奨では最優秀作品賞を受賞している[1]。その一方で環球時報などの中国の国営メディアは「思考のウイルス」と酷評したほか、インターネットサービス大手のテンセントでは香港電影金像奨授賞式のネット中継を予定していたが、本作のノミネートを受けてを中継を取り止めている[5]

各話[編集]

エキストラ[編集]

中国語: 浮瓜英語: Extras

監督:クォック・ジョン(郭臻)

冬のセミ[編集]

中国語: 冬蟬英語: Season of the End

監督:ウォン・フェイパン(黄飛鵬)

方言[編集]

中国語: 方言英語: Dialect

監督:ジェヴォンズ・アウ中国語版(歐文傑)

焼身自殺者[編集]

中国語: 自焚者英語: Self-Immolator

監督:キウィ・チョウ(周冠威)

地元産の卵[編集]

中国語: 本地蛋英語: Local Egg

監督:ン・ガーリョン(伍嘉良)

出演:リウ・カイチー

賞歴[編集]

国際共同プロジェクト[編集]

本作を元に日本、タイ、台湾の共同プロジェクトとして、それぞれの国の10年後を描く「十年 日本(仮)」、「十年 タイ(仮)」、「十年 台湾(仮)」の制作が発表され[6]、それぞれ2018年に各国で公開された[7]

十年 Ten Years Japan
2017年10月16日釜山国際映画祭で制作が発表された。製作総指揮は是枝裕和が行い、以下の監督と手がけるオムニバス短編が発表された[6]
十年 Ten Years Thailand
十年 台湾(Ten Years Taiwan)
  • シー・ヘン・クエック(Shee-heng KUEK) - ラインプロデューサー[8]
  • 監督[8]
    • リナ・ソウ(Rina Tsou)
    • ペイジュ・シー(Pei-Ju Hsieh)
    • レケル・スミ(Lekal Sumi)
    • ロウ・ケック・フワット(Lau Kek Huat)
    • ルー・ポー・シュン(Lu Po-shun)

出典[編集]

  1. ^ a b c d 「香港がチベットに」暗黒の10年後を描いた映画がヒット 「思考のウイルスだ」と中国メディアは酷評”. 産経ニュース. p. 1 (2016年4月2日). 2017年11月29日閲覧。
  2. ^ Cheng, Kris (3 February 2016). "'A miracle': Dystopian HK film 'Ten Years' passes HK$5 million mark at the box office". Hong Kong Free Press.
  3. ^ Yuen, Chantal (17 February 2016). "Int'l distribution rights for dystopian HK film Ten Years purchased by Golden Scene". Hong Kong Free Press.
  4. ^ Cheung, Karen (15 March 2016). "Dystopian Hong Kong film Ten Years to be shown at 30 locations on April 1". Hong Kong Free Press.
  5. ^ 「香港がチベットに」暗黒の10年後を描いた映画がヒット 「思考のウイルスだ」と中国メディアは酷評”. 産経ニュース. p. 3 (2016年4月2日). 2017年11月29日閲覧。
  6. ^ a b c 是枝裕和が香港オムニバス映画「十年」の日本版を製作総指揮”. 映画ナタリー. p. 3 (2017年10月16日). 2017年11月29日閲覧。
  7. ^ 藤えりか (2018年11月9日). “ファン・ビンビン事件後の萎縮を憂う 映画『十年』、中国本土版を目指す理由”. 朝日新聞Globe+. 2019年1月10日閲覧。
  8. ^ a b c d e 香港映画『十年』がアジアで大プロジェクト化!日本版総指揮は是枝監督、タイ版はアピチャッポン監督が名乗り!台湾も参加し国際共同プロジェクトへ!”. cinefil. p. 3 (2017年10月16日). 2017年11月29日閲覧。

外部リンク[編集]