セデック・バレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
セデック・バレ 第一部 太陽旗
セデック・バレ 第二部 虹の橋
タイトル表記
繁体字 賽德克·巴萊
ピン音 Sàidékè Balái
英題 Seediq Bale
各種情報
監督 ウェイ・ダーション
脚本 ウェイ・ダーション
製作 ジョン・ウーテレンス・チャンホァン・ジーミン
出演者 リン・チンタイ
音楽 リッキー・ホー
撮影 チン・ディンチャン
アクション指導 ヤン・ギルヨンシム・ジェウォン
美術 種田陽平赤塚佳仁
製作会社 ARS Film Production
Central Motion
Pictures Corporation
配給 太秦 (提供:マクザム/太秦)
公開 日本の旗 日本 2013年4月20日
上映時間 第一部 144分
第二部 132分
製作国 中華民国の旗 中華民国台湾
言語 セデック語
日本語
台湾語
テンプレートを表示

セデック・バレ』 (原題:賽德克·巴萊 /Seediq Bale、「真の人」の意)は、2011年の台湾映画。監督はウェイ・ダーション

概要[編集]

1930年、日本統治時代の台湾で起こった先住民セデック族による抗日暴動・霧社事件を描く。台湾映画史上最高額となる7億台湾元をかけて制作された[1]。全2部作で、第1部は143分、第2部は131分。第1部が2011年9月9日、第2部が9月30日より公開され、2011年11月26日、第48回金馬獎で「最優秀作品賞」「最優秀助演男優賞」「最優秀オリジナル音楽」「最優秀音響効果」「観客賞」の最多5部門を受賞した。

日本では2012年3月の第7回大阪アジアン映画祭で初公開。台湾以外の国際映画祭に出品されたインターナショナル版(短縮版)ではなく、2部作合計4時間半におよぶフルバージョン(タイトルは第1部『セデック・バレ 太陽旗』、第2部『セデック・バレ 虹の橋』)で、3月13日と14日にそれぞれ上映され、コンペティション部門の「観客賞」を受賞[2]

日本での一般公開は2013年4月20日で、『セデック・バレ 第一部 太陽旗』『セデック・バレ 第二部 虹の橋』が同時公開された。

ストーリー[編集]

台湾のセデック族は、誰からも支配されることなく狩猟や首狩りをして自由に暮らしていた。しかし日清戦争後、進駐してきた日本軍と戦って敗北し捕えられる。その後、警官の監視のもとで文明的な生活を強制されるが、日々鬱屈した不満が高まっており、警官へのリンチ事件をきっかけに、他の部族と共に武装蜂起を決意した。それは最初から勝利の見込みのない、部族としての誇りを取り戻すためだけの戦いであった。派出所の警官を襲撃した後、運動会に集まっていた日本人たちを手当たり次第に惨殺し、山中でのゲリラ戦を仕掛けるが、対する日本軍は毒ガス、敵対部族の動員などによって追い詰め、壊滅へと追い込んでゆくのだった。

出演[編集]

スタッフ[編集]

実話との相違[編集]

事件は、1930年10月27日に起こった霧社事件を描いているが、史実を脚色している部分がある。

  • モーナ・ルダオの妹はマヘボに赴任した日本人の警察巡査に嫁いだが、この巡査は後に勤務中に崖から転落し行方不明になった。モーナ側は妹が捨てられたと感じ、これが後の霧社事件の一因となったという。
  • 劇中では、反乱後のセデック族の圧倒的な戦闘力が描かれているが、実際には日本軍が圧倒的な武力で対応した為、日本軍の死者は日本軍兵士22人、警察官6人のみであった。
  • 劇中の台詞内で、小島巡査の妻子が殺害されたと語られているが、実際は次男が殺害されたのを除き、マツノ夫人と長男は日本軍が到着するまで事件現場に隠れ続けて無事、他3人の子供も小島家に仕えていたセデック族少女に連れられて事件現場を脱出し日本人警官に保護されている[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 資金援助も話題に 「セデック・バレ」で台湾先住民演じたビビアン・スー”. 映画.com (2013年4月10日). 2013年4月10日閲覧。
  2. ^ 大阪アジアン映画祭コンペティション部門 受賞結果一覧
  3. ^ *鄧相揚(下村作次郎監修、魚住悦子訳) 『抗日霧社事件をめぐる人々 翻弄された台湾原住民の戦前、戦後』 日本機関紙出版センター、2001年。ISBN 889008225C0022。、pp.110-125

外部リンク[編集]