セデック語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セデック語
話される国 台湾
地域 中部、東部、海岸部
民族 セデック族タロコ族
話者数 20,000人(2008年)
言語系統
オーストロネシア語族
表記体系 ラテン文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 trv
Formosan languages.png
台湾の言語分布
  アタヤル語群セデック語を含む)
消滅危険度評価
Vulnerable (UNESCO)
Status-unesco-vulnerable.svg
テンプレートを表示

セデック語(セデックご、賽德克語)は台湾先住民であるセデック族およびタロコ族言語オーストロネシア語族台湾諸語に分類される。セデック族は、台湾の中部、南投県花蓮県の境界にまたがって居住している。

言語名別称[編集]

  • セディク語[1]
  • セーディク語[2]
  • タロコ語
  • 德魯固語

方言[編集]

  • トゥルク方言(タロコ族が話す)
  • トゥウダ方言
  • トゥクダヤ方言

文字[編集]

文字ラテン文字を使用する。

発音[編集]

母音[編集]

母音はa, i, u, eの4つ。長短の区別はない。

子音[編集]

上下2段ある場合は、上段が無声音、下段が有声音

両唇 歯茎 後部歯茎 硬口蓋 軟口蓋 口蓋垂 声門
鼻音 [m] [n] ng [ŋ]
破裂音 [p]
[b]
[t]
[d]
[k]
 
[q]
 
' [ʔ]
 
破擦音 c [ts]
摩擦音 [s]
 

di [ʒ]
[x]
g [ɣ]
[h]
 
接近音 y [j]
ふるえ音 [r]
側面摩擦音 l [ɮ]

その他、二重調音の接近音として、[w] がある。

脚注[編集]

  1. ^ 『世界の言語と国のハンドブック』下宮忠雄(大学書林)
  2. ^ 『講座言語 第6巻 世界の言語』北村甫編、杉田洋ら共著(大修館書店)

参考文献[編集]

  • 『ニューエクスプレス・スペシャル 日本語の隣人たち(CD付)』中川裕監修、月田尚美ら共著(白水社)

外部リンク[編集]