ロツマ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロツマ語
Fäeag Rotuma
話される国 フィジーの旗 フィジー
地域 ロツマ島
話者数 9,000人(1991年)
言語系統
表記体系 ラテン文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 rtm
消滅危険度評価
Vulnerable (UNESCO)
Status-unesco-vulnerable.svg
テンプレートを表示

ロツマ語(ロツマご、ロツマ語: Fäeag Rotuma: Rotuman language)は大洋州諸語に属する言語である。話者はフィジーロツマ島に居住する先住民の人々である。

言語名別称[編集]

  • ロトゥマ語
  • Rotunan
  • Rutuman
  • Rotuna

音声[編集]

母音[編集]

母音[1]
前舌母音 後舌母音
狭母音 i u
半広母音 ɛ ɔ
広母音 a

子音[編集]

子音[2]
両唇音/唇歯音 舌頂音 後部歯茎音 軟口蓋音 声門音
鼻音 m n ŋ
破裂音 p t k ʔ
摩擦音 f v s h
流音 r l

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • Blevins, Juliette (1994), “The Bimoraic Foot in Rotuman Phonology and Morphology”, Oceanic Linguistics (University of Hawai'i Press) 33 (2): 491–516, doi:10.2307/3623138, http://jstor.org/stable/3623138 
  • Churchward, C.M. (1940), Rotuman Grammar and Dictionary, Sydney: Methodist Church of Australasia 
  • Milner, George B. (1971), “Fijian and Rotuman”, in Thomas A. Sebeok, Current Trends in Linguistics, 8: The Languages of Oceania, The Hague: Mouton, pp. 397–425 
  • Saito, Mamoru (1981), A Preliminary Account of the Rotuman Vowel System, Cambridge: MIT Press 
  • Schmidt, Hans (2003), “Temathesis in Rotuman”, in John Lynch, Issues in Austronesian Historical Phonology, Pacific Linguistics Research School of Pacific and Asian Studies, pp. 175–207, ISBN 0-85883-503-7, http://www.rotuma.net/os/Temathesis%20in%20Rotuman.pdf 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]