キリバス語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キリバス語
ギルバート語
Taetae ni kiribati
話される国 キリバスの旗 キリバス
フィジーの旗 フィジー
マーシャル諸島の旗 マーシャル諸島
ナウルの旗 ナウル
ソロモン諸島の旗 ソロモン諸島
ツバルの旗 ツバル
バヌアツの旗 バヌアツ
話者数 102,000人
言語系統
公的地位
公用語 キリバス
統制機関 Kiribati Language Board
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 gil
ISO 639-3 gil
テンプレートを表示

キリバス語(キリバスご、またはギルバート語)は、オーストロネシア語族マレー・ポリネシア語派大洋州諸語ミクロネシア諸語に属する言語である。主にギルバート諸島キリバス)で話される。

キリバス語はVOS型言語である。

キリバス語の ti は歯擦化してスまたはスィのように発音されるので、Kiribatiはキリバティではなくキリバスまたはキリバスィとなる。

音韻論[編集]

キリバス語には10種類の子音と5種類の母音がある。以下にその音韻構造を示す[1]

子音[編集]

主要調音 両唇音 歯音 軟口蓋音
副次調音 plain lab.
鼻音 m /m/ mw /mʷ/ n /n/ ng /ŋ/
破裂音 b /p/ bw /pʷ/ t /t/ k /k/
はじき音     r /ɾ/  
摩擦音   w /βʷ/    

キリバス語の子音には以下のような特徴がある[2]

  • 鼻音の長短を区別し、長鼻音はそれぞれ mm, mmw, nn, ngng のように表記する。
  • t は i が後続する時に破擦音化するため ti は[si]のように発音される。

母音[編集]

前舌 中舌 後舌
i /i/   u /u/
中央 e /e/   o /o/
  a /a/  

日本語と同様に母音の長短を区別し、長母音は ii, ee, aa, oo, uu のように母音字を2つ続けて表記する[2]

形態論[編集]

人称代名詞[編集]

キリバス語の代名詞は格によって語形が異なる。なお、目的格については動詞に目的格接尾辞を付加することで表す。

主格 強調/独立主格 独立所有格
一人称単数 I, N ngai au
二人称単数 ko ngkoe am
三人称単数 e ngaia ana
一人称複数 ti ngaira ara
二人称複数 kam ngkamii amii
三人称複数 a ngaiia aia

一人称単数主格代名詞は I と N の2種類存在し、 na(will), nang(about to) が続く時のみ N を用い、それ以外は I を用いる。また、常に'I', 'N'のように大文字で表記される[3]

指示語 [4][編集]

日本語同様、近称・中称・遠称(これ・それ・あれ)の区別がある。

(指示限定詞) 男性 女性 両性 人間以外
単数 複数 単数 複数 単数 複数 単数 複数
近称 aei aikai teuaaei uaakai neiei naakai te baei baikai
中称 anne akanne teuaanne uakanne neienne naakanne te baenne baikanne
遠称 arei akekei teuaarei uaakekei neierei naakekei te baerei baikekei

関係代名詞 [5][編集]

単数 複数
近称 ae aika
中称 ane akana
遠称 are ake

先行詞は主格と目的格の両方が取れるが、目的格が先行詞の場合は関係節中の動詞に適切な目的接尾辞を付ける必要がある。キリバス語の関係代名詞は時間的・空間的に近・中・遠の3段階を区別する。また、二人称を用いて定性を表す場合がある。

脚注[編集]

  1. ^ Blevins (1999:205)
  2. ^ a b Blevins (1999:206)
  3. ^ KIRIBATI(Gilbertese) Grammar Handbook Lesson 20”. 2019年10月22日閲覧。
  4. ^ KIRIBATI(Gilbertese) Grammar Handbook Lesson 19”. 2019年10月22日閲覧。
  5. ^ KIRIBATI(Gilbertese) Grammar Handbook Lesson 28”. 2019年10月22日閲覧。

出典[編集]

  • Blevins, Juliette; Harrison, Sheldon P. (1999), “Trimoraic Feet in Gilbertese”, Oceanic Linguistics 38 (2): 203–230, doi:10.1353/ol.1999.0012 

外部リンク[編集]