ヌイ環礁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヌイ
ヌイの位置(ツバル内)
ヌイ
ヌイ
ツバルにおける位置
ツバル
面積
 • 合計 3.37km2
人口
(2002年)
 • 合計 548人
 • 密度 160/km2
族称 Nuian

ヌイ環礁(ヌイかんしょう、Nui)は、ツバル環礁で、同国に9つある地区のひとつ。面積3.37km2、2002年国勢調査時の人口は548人。

地理[編集]

フェヌア・タプ島(Fenua Tapu)、メアン島(Meang)、モトゥプアカカ島(Motupuakaka)、パカントウ島(Pakantou)、ピリアイエヴェ島(Piliaieve)、ポンガレイ島(Pongalei)、タラロラエ島(Talalolae)、トキニヴァエ島(Tokinivae)、ウニマイ島(Unimai)とその他12島の計21島から成る。このうち最大の島は南端かつ東端に位置するフェヌア・タプ島(1.38平方キロ[1])で、西の島嶼で最大のメアン島、トキニヴァエ島、ポンガレイ島、タラロラエ島、パカントウ島、ウニマイ島、ピリアイエヴェ島、モトゥプアカカ島と続く。最も人口が多い島もフェヌア・タプ島で、フェヌア・タプとタンラケの2村がある。

歴史・文化[編集]

祖先はキリバスギルバート諸島から渡ってきたと考えられており、住民は今もツバル語のほかにキリバス語を話す。1568年にスペイン人航海士アルバロ・デ・メンダーニャ・デ・ネイラによって発見され、ヘスス島(Isla de Jesús、「ヘスス」とはイエス・キリストのこと)と名づけられた。

出身有名人[編集]

ヌイ環礁選出の国会議員はイアコバ・イタレリで、現在は総督と教育・スポーツ相を務めている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]