フィジー語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フィジー語
Na vosa vaka-Viti
話される国 フィジーの旗 フィジー
地域 第一言語バヌアレブ島,ビティレブ島東半, カダブ島, ナヤウ島, ラケンバ島, オネアタ島, モセ島コモ島, ナムカ島, カバラ島ブラガ島オゲア島 バトア島、その他諸島で第二言語
話者数 母語話者35万人、第二言語話者20万人
言語系統
オーストロネシア語族
  • マライ・ポリネシア語派
公的地位
公用語 フィジーの旗 フィジー
統制機関 統制なし
言語コード
ISO 639-1 fj
ISO 639-2 fij
ISO 639-3 fij
テンプレートを表示

フィジー語(-ご、フィジー語: Na vosa vaka-Viti)は、フィジーで話される言語オーストロネシア語族、メラネシア語派に属す。第一言語としての話者は35万人、第二言語としての話者は20万人。1997年にフィジー協会が発足し、英語ヒンディー語にならんで国語としての独立の運動を行っている。

文字と発音[編集]

ラテン文字を用いる

母音[編集]

  • 短母音:a,e,i,o,u
  • 長母音:ā,ē,ī,ō,ū、辞書、教材以外では上に棒(長音符)をつけない
  • 二重母音:ai,ei,oi,au,eu,ou,iu

子音[編集]

他の言語の表記とは大きく異なる。

  • b [mb]
  • c [ð]
  • d [nd]
  • f [f]
  • g [ŋ]
  • j [x]
  • k [k]
  • l [l]
  • m [m]
  • n [n]
  • p [p]
  • q [ŋg]
  • r [r]
  • s [s]
  • t [t]
  • v [β]
  • w [w]
  • y [j]


アクセントは長音(長母音と二重母音)がある場合はそこに来る。短母音だけの語の場合は語末から二番目にアクセントが来る。長い語では末尾の要素のアクセントが主になる。

文法[編集]

語順[編集]

SVO型である。

主語が代名詞のときは主語-動詞、主語が名詞のときは動詞-主語という語順になる。[1]

時制は時制を表す標識を動詞の前におく。

au ā rai-ci koya.(私 過去の標識 見る―他動詞化 彼を)

「私は彼を見た。」

au sā rai-ci koya.(私 現在の標識 見る―他動詞化 彼を)

「私は彼を見る。」

na tau na uca.(未来の標識 降る 定冠詞 雨)

「雨が降るだろう。」

否定文は、否定の語句 sega ni を代名詞(時制を表す標識)と動詞の間におく。

au ā sega ni rai-ci koya.(私 過去の標識 否定 見る―他動詞化 彼を)

「私は彼を見なかった。」

形容詞句[編集]

形容詞(独立性の低い名詞)は、名詞に後置される。[2]

na vale levu(定冠詞 家 大きい)「大きい家」

na vale kau (定冠詞 家 木)  「木の家」

同等の名詞は ni でつなげる。

na dela ni vale 「家の頂上」

ただし、固有名詞の前では、例外的に、通常の所有は nei、身体部位、親族は i によって結合する。[3]

na i-vola nei Tomasi 「トマスの本」

na ulu i Tomasi    「トマスの頭」

形態論[編集]

接頭辞、接尾辞をもつ

接頭辞[編集]

  • vaka- 使役化(通常は接尾辞の -taka(他動詞化)とセットで使われる)

vaka-dodonu-taka「正す」 (dodonu「正しい」)

また、この vaka- は形容詞化、副詞化としても使われる。

vaka-Viti 「フィジーの、フィジー風に」

vika-vinaka「良く」 (vinaka「良い」)

  • ca-, ka-,ra-,ta-,lau- 偶発的受動 ta-sova「こぼれた」 ( sova「注ぐ」)

ra-mudu, ka-musu「折れた」 ( musu「壊す」)

これらの選択には規則性がない

  • ya- 配分 ya-dua「一つずつ」( dua「1」)
  • i- 動詞を名詞化する i-vola「本」( vola「書く」)

接尾辞[編集]

*-a,-ca,-ga,-ka,-ma,-na,-ra,-ta,-va,-ya,および-haka,-kaka,-laka,-maka,-naka,-raka,-taka,-vaka[4]   他動詞化(これらもどれがどの動詞につくかの選択に規則性はない)

cina「照明」:cina-va 「照らす」

rere「怖い」:rere-vaka「恐れる」

動詞の目的語が、固有名詞、人称代名詞であるとき、-a を-i に変え、-ca,-caka は-ci,-caki などのようになる。[5]

ena dau nanu-mi Viti.(彼+未来の標識 いつも 想う(他) フィジーを)

「彼はいつもフィジーのことを想っている。」

人称代名詞[編集]

一人称主語(双数以上)に包括型と排除型をもつ。

一人称双数形包括 edaru 排除 keirau

一人称三数形包括 edatou(datou) 排除 keitou

一人称複数形包括 eda(da) 排除 keimami

三人称単数の主語形がなく、また人称に男女の区別はない。

代名詞形は無生物の名詞には適用できないなどの特徴がある。

被所有物への範疇化[編集]

メラネシア語派的な特徴として、被所有物への範疇化が行われ、[6]範疇が異なるとそれに合わせて所有代名詞の形が変わる。

被所有物が食べ物であれば範疇Ⅱ、飲み物であればⅢ、身体部位や親族であればⅣ、それ以外(中立)のものはⅠに分類される。

Ⅰ na nona vale「彼の家」  (nona 彼の vale 家)

Ⅱ na kena uvi「彼のヤムイモ」(mena 彼の uvi ヤムイモ)

Ⅲ na mena tī「彼の茶」   (kena 彼の tī 茶)

Ⅳ na ulu-na 「彼の頭」   (-na 彼の ulu 頭)

これにより、

na nona yaqona 「彼の(栽培した、売るための)カヴァノキ」

na mena yaqona 「彼の(飲むための)カヴァ」

のように、所有代名詞の違いで名詞を形容することができる。


参考文献[編集]

亀井孝、河野六郎、千野栄一編著 三省堂『言語学大辞典 第3巻 世界言語編(下-1)』1992年

脚注[編集]

  1. ^ 亀井孝、河野六郎、千野栄一編著 三省堂『言語学大辞典 第3巻 世界言語編(下-1)』1992年 p.650
  2. ^ 亀井孝、河野六郎、千野栄一編著 三省堂『言語学大辞典 第3巻 世界言語編(下-1)』1992年 p.651
  3. ^ 亀井孝、河野六郎、千野栄一編著 三省堂『言語学大辞典 第3巻 世界言語編(下-1)』1992年 p.651
  4. ^ 亀井孝、河野六郎、千野栄一編著 三省堂『言語学大辞典 第3巻 世界言語編(下-1)』1992年 p.651
  5. ^ 亀井孝、河野六郎、千野栄一編著 三省堂『言語学大辞典 第3巻 世界言語編(下-1)』1992年 p.651
  6. ^ 亀井孝、河野六郎、千野栄一編著 三省堂『言語学大辞典 第3巻 世界言語編(下-1)』1992年 p.651

外部リンク[編集]