ブギス語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブギス語
ᨅᨔ ᨕᨙᨁᨗ
basa ugi
話される国 インドネシアの旗 インドネシア
地域 南スラウェシ州
スマトラ島の特定部分
リアウ州
カリマンタン
サバ州
マレー半島
話者数 5,017,800人
言語系統
表記体系 ロンタラ文字,
ラテン文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 bug
ISO 639-3 bug
スラウェシ島内のブギス語話者の集中する地域(緑)
テンプレートを表示

ブギス語(ブギス語:Basa Ugi, ロンタラ:ᨅᨔ ᨕᨘᨁᨗ)はインドネシアスラウェシ南部の約4百万人が主に話している言語である。

言語名別称[編集]

  • ブギ語
  • Boegineesche
  • Boeginezen
  • Bugi
  • Buginese
  • De’
  • Rappang Buginese
  • Ugi

方言[編集]

  • Barru (bug-bar)
  • Soppeng (bug-sop)
  • Pasangkayu (bug-pas)
  • Wajo (bug-waj)
  • Sawitto (bug-saw)
  • Pangkep (bug-pan)
  • Sinjai (bug-sin)
  • Luwu (bug-luw)
  • Bone (bug-bon)
  • Camba (bug-cam)
  • Sidrap (bug-sid)

文字[編集]

文字はオランダ植民地化の影響によりラテン・アルファベットが主に使用されているが、伝統的にはブラーフミー系文字ロンタラ文字英語版(ブギス文字とも呼ぶ。マカッサル語などでも使用される)が使われている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]