タイボアン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タイボアン語
大満語
消滅時期 (復興運動中)
言語系統
表記体系 ラテン文字
漢字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3
台湾諸語の分布
テンプレートを表示

タイボアン語オーストロネシア語族台湾諸語に属する言語である。漢字で大満語大武壠語と表記される。台湾タイボアン族により話されていた。台湾台南市高雄市や台湾東部の花蓮県台東県を縦断する花東縦谷に話者が分布していた。

脚注[編集]


参考文献[編集]

  • 沈家煊,"名詞和動詞"(Of Noun and Verb),北京商務印書館,2016年6月. ISBN 978-7-100-11363-2
  • 李仁癸,"新港文書研究",中研院語言學研究所籌備處,台北,2004年.
  • 徐大智(指導教授:戴寶村),"戰後台灣平埔族研究與族群文化復興運動--以噶瑪蘭族,巴宰族,西拉雅族為中心",中央大學歷史研究所碩士論文,中壢,6月,2004年.
  • 萬益嘉,萬淑娟,"挪亞方舟",西拉雅文化協會,台南,2002年.
  • 賀安娟(Ann Heylen),"荷蘭統治之下的台灣教會語言學--荷蘭語言政策與原住民識字能力的引進(1624-1662)",台北利氏學社(Taipei Ricci Institute),台北,2001年.

外部リンク[編集]