タイボアン族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タイボアン族
大満族
小林村大武壠族人.jpg
高雄市甲仙区小林里の夜祭りに伝統衣装で参加するタイボアン族
総人口
2万人以上
居住地域
台湾台南市高雄市花蓮県台東県

タイボアン族台湾先住民に属する民族である。漢字で大満族大武壠族と表記される。台湾台南市高雄市花蓮県台東県に分布している。かつて話していた台湾諸語タイボアン語の復興運動中である。

2009年8月8日から8月9日にかけての平成21年台風第8号以前は現在の台湾高雄市甲仙区小林里である旧高雄県小林村がタイボアン族の最多の人口であった。

2013年11月15日に台湾花蓮県富里郷の郷長により「郷定原住民」と地域には公的に存在を認められた[1]

脚注[編集]

  1. ^ 首例鄉定原住民富里西拉雅族正名

参考文献[編集]

外部リンク[編集]