パゼッヘ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
パゼッヘ語
巴宰語
Pazeh
話される国 台湾
地域 台湾
消滅時期 2010年
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 uun
消滅危険度評価
Extinct (UNESCO)
Status-unesco-extinct.svg
テンプレートを表示
パゼッヘ語
各種表記
繁体字 巴宰語
簡体字 巴宰语
拼音 Bāzăi Yŭ
注音符号 ㄅㄚ ㄗㄞˇ ㄩˇ
発音: バーザイ ユー
英文 Pazeh
テンプレートを表示

パゼッヘ語(パゼッヘご)は、台湾南投県埔里鎮で使用されていた、原住民パゼッヘ族の言語。漢字では巴宰語巴則海語で表記される。

パゼッヘ族はサオ族と同様に漢化が進み、台湾語を生活言語に用いるようになった。最後の母語話者である潘金玉1914年7月21日生)が2010年10月24日に亡くなったことで、言語学でいう死語になったとされた。しかし、2015年に苗栗県のパゼッヘ族が、まだ4人の話者がいると主張し、パゼッヘ語が死滅したことを否定した[1]

近年、辞典をはじめとする学習教材が作成され、パゼッヘ語の学習講座が開かれ、若者たちが文化や言語を学んでいる[2]

潘金玉のめいである潘美玉は、パゼッヘ語の復興を願って、2016年にパゼッヘ語の辞典を発刊した[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
注釈
出典

関連項目[編集]

外部リンク[編集]