ビコール語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビコール語
Bikolano
話される国 フィリピンの旗 フィリピン
地域 東南アジア
母語話者数 約460万人
言語系統
表記体系 ラテン文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 bik
ISO 639-3 bikマクロランゲージ
個別コード:
ubl — ブヒノン・ビコール語
bcl — 中央ビコール語
lbl — リボン・ビコール語
rbl — ミラヤ・ビコール語
cts — 北カタンドゥアネス・ビコール語
bto — イリガ・ビコール語
bln — 南カタンドゥアネス・ビコール語
fbl — 西アルバイ・ビコール語
Bikol languages map.png
テンプレートを表示

ビコール語Bikol, Bicolano, ビコル語, ビコラノ語)は、オーストロネシア語族言語フィリピンルソン島南部ビコル半島およびその周辺の島々(ビコル地方)で話される。

エスノローグによれば、ビコール語はマクロランゲージであり、さらに以下の5つに分類する。

文法[編集]

代名詞[編集]

  絶対格 能格 斜格
1人称単数 ako ko sakuya, sako
2人称単数 ika, ka mo saimo, si-mo
3人称単数 siya niya saiya
1人称複数 inclusive kita nyato, ta satuya, sato
1人称複数 exclusive kami nyamo, mi samuya, samo
2人称複数 kamo nindo saindo
3人称複数 sinda ninda sainda


脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]