アドミラルティ諸島諸語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アドミラルティ諸島諸語
話される地域アドミラルティ諸島
言語系統オーストロネシア語族
祖語アドミラルティ諸島祖語英語版
下位言語
  • 東アドミラルティ諸島諸語
  • 西アドミラルティ諸島諸語
  • ヤップ語 ?
Glottologadmi1239[1]
Oceanic languages.svg
  アドミラルティ諸島諸語およびヤップ語

アドミラルティ諸島諸語は、アドミラルティ諸島で話される30余の言語の総称で、大洋州諸語に属する。ヤップ語を含む場合もある。

言語[編集]

ynch、Ross、Crowley(2002)によると、分類は次の通りである:[2]

  • 東アドミラルティ諸島諸語
    • マヌス語
    • 南東アドミラルティ諸島諸語
      • バルアン・パム語
      • レンカウ語
      • ロウ語
      • ナウナ語
      • ペンチャル語
  • 西アドミラルティ諸島諸語
    • カニエト語
      • 北カニエト語
      • 南カニエト語(†)
    • セイマト語
    • ウヴル・アウア語
      • ウヴル語
      • アウア語

また、ヤップ語とグルワン語(ヤップ語とウリシ語の混成)もアドミラルティ諸島諸語に分類される場合がある。

脚注[編集]

  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Admiralty Islands”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/admi1239 
  2. ^ Lynch, John; Malcolm Ross; Terry Crowley (2002). The Oceanic languages. Richmond, Surrey: Curzon. ISBN 978-0-7007-1128-4. OCLC 48929366 

参考文献[編集]

  • Blust, Robert (2007). The prenasalised trills of Manus. In Language description, history, and development: Linguistic indulgence in memory of Terry Crowley, ed. by Jeff Siegel, John Lynch, and Diana Eades, pp. 297–311. Creole Language Library vol. 30. Amsterdam: John Benjamins.
  • Bowern, Claire (2011). Sivisa Titan: Sketch grammar, texts, vocabulary based on material collected by P. Josef Meier and Po Minis. Oceanic Linguistics Special Publication No. 38. Honolulu: University of Hawai‘i Press.
  • Hamel, Patricia J. (1994). A grammar and lexicon of Loniu, Papua New Guinea. Pacific Linguistics C-103. Canberra: The Australian National University. 275 pp.
  • Hamel, Patricia J. (1993). Serial verbs in Loniu and an evolving preposition. Oceanic Linguistics 32:111–132.
  • Ross, M. D. (1988). Proto Oceanic and the Austronesian languages of Western Melanesia. Pacific Linguistics C-98. Canberra: The Australian National University. 487 pp.