ワライ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワライ語
Winaray
話される国 フィリピンの旗 フィリピン
地域 サマール島レイテ島東部、ビリラン島東部
母語話者数 256万人(2000年調査)
言語系統
表記体系 ラテン文字
公的地位
公用語 フィリピンの地方言語
統制機関 フィリピン言語委員会
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 war
ISO 639-3 war
Areas where Waray-Waray is spoken
テンプレートを表示

ワライ語(ワライご、ワライ語: Winaray、: Waray-Waray language)はオーストロネシア語族の言語。フィリピンレイテ島レイテ州の東部と北部)、サマール島サマル州北サマル州東サマル州)、ビリラン島英語版ビリラン州の東部)で話されている。語順VSO型である。

概要[編集]

ワライ語は、通常はWaray-Waray(ワライワライ)と表記されるが、地元ではウィナライ語(Winaray)、場合によってレイテ・サマール語(L(in)eyte-Samarnon)ともよばれる。

大きく2つの大方言に分けられ、レイテ州およびサマール島南部を中心とするタクロバン方言[1]サマール島北部を中心とするカルバヨグ英語版方言[2]がある。両方言の境界線はサマール島内にあり、サマール島西部(西)サマール州においてはサンタ・マルガリータ英語版町(Sta. Margarita)からガンダラ英語版町(Gandara)のあたり、サマール島東部太平洋側においては東サマール州北サマール州の州境周辺(北サマール州側)ラピニグ英語版(Lapinig)のあたりである[3]

2009年時点でフィリピンにて出版されているワライ語関連文献・語学書のほとんどは、出版事情や学術事情の関係からタクロバン方言に基づいている。

言語名別称[編集]

  • Binisaya
  • レイテ=サマール語(Leyte-Samar)
  • サマール=レイテ語、サマル=レイテ語(Samar-Leyte)
  • サマル語、サマール語(Samaran)
  • Samareño
  • ワライ=ワライ語、ワライワライ語(Waray-Waray)
  • ウィナライ語(Winaray)

発音[編集]

子音15個、母音5個がある。

子音[編集]

b,k,d,g,h,l,m,n,ng[ŋ],p,r,s,t,w,y

母音[編集]

a,e,i,o,u

[編集]

※"´"はアクセントの位置を表す

  • 1 usá
  • 2 duhá
  • 3 tuló
  • 4 upát
  • 5 limá
  • 6 unúm
  • 7 pitó
  • 8 waló
  • 9 siyám
  • 10 napúlo

標準語との比較[編集]

フィリピンでは、公用語である英語のほかに、1987年に成立した憲法において正式な国語としてフィリピノ語(Filipino)を制定した。 フィリピノ語は実質的にはメトロマニラを中心として話されている地方語のひとつであるタガログ語(Tagalog)を基にして採用された人工言語である。 ここにフィリピノ語とワライ語の違いについての基本的な表現の比較を一例として列挙する。

  • こんにちは (一日中)
ワライ語:Maupay nga adlaw.
フィリピノ語:Magandang araw.
  • おはよう
ワライ語:Maupay nga aga.
フィリピノ語:Magandang umaga.
  • こんにちは (午後~夕方にかけて)
ワライ語:Maupay nga hapon.
フィリピノ語:Magandang hapon.
  • こんばんは
ワライ語:Maupay nga gab-i.
フィリピノ語:Magandang gabi.
  • どうぞ
ワライ語:Sigi.
フィリピノ語:Sige.

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

参考文献・資料[編集]

外部リンク[編集]