アミ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アミ語
阿美語
パンツァ語
邦査語
Pangcah
話される国  台湾
地域 台湾
民族 アミ族
話者数 137,651人2002年行政院
言語系統
表記体系 ラテン文字
公的地位
公用語  台湾 (台湾原住民地区の国家語
統制機関  台湾原住民族委員会
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 ami
紫色部分
消滅危険度評価
Vulnerable (UNESCO)
Status-unesco-vulnerable.svg
テンプレートを表示
アミ語
各種表記
繁体字 阿美語
簡体字 阿美语
拼音 Āmĕi Yŭ
注音符号 ㄚ ㄇㄟˇ ㄩˇ
発音: アーメイ ユー
英文 Amis
テンプレートを表示

アミ語(-ご)は台湾で使用される言語の一つ。パンツァ語パンツァー語パンツァハ語とも呼ばれる。アミ語という名称の漢字表記は阿美語パンツァ語という名称の漢字表記は邦査語である。台湾東部の原住民族・アミ族の母語で、アミ族人口が多い花蓮県台東県屏東県を中心に話されている言語である。オーストロネシア語族に属し、現在台湾南島言語の中で最も話者の多い言語である。また、花蓮駅台東駅知本駅などではアミ語による放送が実施されている。

'amisとは「北方」の意味のアミ語。北部アミ語(南勢アミ語)、中部アミ語(秀姑巒アミ語)、海岸アミ語馬蘭アミ語恒春アミ語などの方言が存在している。

方言[編集]

  • Tavalong-Vataan (ami-tav)
  • 北部アミ語 (南勢アミ語) Northern Amis (ami-nor)
  • Chengkung-Kwangshan (ami-che)
  • 中部アミ語 (秀姑巒アミ語) Central Amis (ami-cen)
  • 南部アミ語 Southern Amis (ami-sou)

文字[編集]

国際的にはラテン文字を用いられているが、台湾では注音符号を用いた表記も行われている。

母音[編集]

母音
i u
e o
a

子音[編集]

子音
両唇音 唇歯音 歯音 歯茎音 硬口蓋音 軟口蓋音 喉頭蓋音 咽頭音
破裂音 p t k ' ^
摩擦音 f d s (z) x h
破擦音 c
鼻音 m n ng
ふるえ音 r
側面音 l
接近音 w y


文法など[編集]

語順としてはVSO式となるので、日本語話者には難しい部分も多々ある。 同じVSO式の語順の言語としてウェールズ語や、同じオーストロネシア語族のフィリピン諸語などがある。

語彙例[編集]

  • アラリウ-歌
  • イセプ-檳榔
  • イソル-
  • イナ-母親
  • イリシン-豊年祭
  • オラド-雨
  • カキタアン-村おさ
  • カスィ-薪
  • カッパー-青年
  • カワス-神
  • キラン-樹木
  • シカワサイ-巫女
  • タルアン-集会所
  • タオン-尊敬する
  • チダル-太陽
  • ティレン-体
  • トロン-神前に供える
  • デワス-神酒を盛る器
  • ナノム-水
  • ニヤロ-村
  • ハクハク-飯
  • パカロガイ-少年
  • パタロマ-結婚
  • パナイ-米
  • ハファイ-
  • バブイ-豚
  • バイナヤン-男
  • ババヒヤン-女
  • ファリ-風
  • ブヌス-刀
  • フラド-月
  • ポロル-篭
  • マガヤウ-首狩り
  • マトアサイ-老人
  • マパタイ-死ぬ
  • マルネン-鹿
  • ママ-父親
  • ママノカッパ-青年団長
  • マリクダ-輪踊り
  • ミフティ-眠る
  • ラマル-火
  • リヤイ-海辺
  • ワワ-幼児


参考資料[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]