アミ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アミ族
(パンツァハ)
Amis postcard.jpg
日本統治時代に撮影された、アミ族の男女
総人口
約183,799人[1]
居住地域
台湾花蓮県台東県屏東県台北市他)
言語
アミ語台湾語北京語日本語
宗教
キリスト教アニミズムシャーマニズム
関連する民族

アミAmi, 中国語:阿美族、別名:パンツァハパンツァ(Pangcah))は、台湾原住民のなかで一番多い14万8992人(2000年の調査による[2])の人口規模を持つ民族集団。台湾原住民の総人口の37.5% を占めている。

居住地域は台湾の東部一帯、花蓮県台東県屏東県に亘る広い範囲である。主に平地に集落を構え、中央山脈海岸山脈(東岸山脈)の間にある細長い渓谷地域(花東縦谷)、その両端の花蓮市台東市周辺の平野部、海岸山脈の東側の太平洋沿いの平地、台湾南端の恒春半島に住んでいる。また台北市高雄市など、台湾各地の大都市にも拡散しており、「大都市の原住民」の多くを占めている。アミ族からは多くの歌手、芸能人、スポーツ選手、その他学者、教育者、政治家などが輩出されている。

アミ族はコメなどの農業ブタなどの畜産で生活し、海岸部では漁業を営んでいる。伝統的な集落は他の原住民の集落に比較して大きく、500人から1000人規模が典型的である。また花蓮や台東、あるいは遠く離れた台北や高雄で都市生活を送る者も多い。

花蓮県瑞穂郷の舞鶴には石器時代の遺跡があり、その二本の石柱はアミ族の発祥神話に関連付けられておりアミ族発祥の地とされている。

言語[編集]

アミ語オーストロネシア語族の一種であり、固有の文字は持たない。年配の世代は日本語も使う一方、若い世代は中国語(台湾国語)を使用している。

分類[編集]

アミ族の人々は一般的に自分たちのことを、「人間」「仲間」を意味するパンツァハと呼んでいるが、今日の台湾ではアミという呼び名がより一般的に使用されている。「アミ」とはアミ語で「北」を意味する。

なぜ「アミ」という語がパンツァハの人々を指す言葉になったのか、学会でも定まった見解はない。一つの仮説は、台東付近に住むプユマ族が、自分たちより北に住んでいるパンツァハに対してこう呼ぶようになったというものである。別の仮説は、台東平野に住むパンツァハの人々が、祖先が北方から来たために「アミ」と自称していたことから来ているというものである(台東平野のアミ族に関するこの記述は、日本統治時代の1913年-1918年に編纂された『蕃族調査報告書』第8巻4ページに登場する)。この仮説は、アミという語が、人類学者が「卑南アミ群」(ファランガウ・アミ、Falangaw Amis)と分類している台東市から成功鎮にかけて住む集団から誕生したことを示している。

また、太平洋戦争中に台湾原住民の伝統音楽のフィールド調査をした日本人音楽学者・黒澤隆朝は、アミ族の始祖伝説として以下の様な話を採録している。

  • 「太古、南方にあったラガサンという大陸が天変地異で海中に沈んだ。そのとき臼に乗って辛くも逃れだした男女が海流に乗って北上し、台湾にたどり着いた。二人はその地に落ち着いて結婚し、子孫も増えた。そして『我々は北にやってきた』ことを記念し、北を意味する『アミ』を民族名とした。」

別の伝説では「ラガサン」は二人がもともと住んでいた土地の名ではなく、台湾に漂着したとき最初にたどり着いた山の名であるともいう。その山は、現在の鳳林駅から東南に望まれる、富士山に似た形の山・八里湾山を指すともいう。

原住民の歴史によれば、アミ族は大きく5つの集団に分類される。それぞれの集団は、民族衣装や言葉も微妙に異なる。

  • 南勢アミ群(北部アミ、奇萊(現在の花蓮)一帯の平野に住む)
  • 秀姑巒アミ群(中部アミの一部、中央山脈と海岸山脈の間の平野に住む)
  • 海岸アミ群(中部アミの一部、海岸山脈よりも海岸沿いの一帯に住む)
  • 卑南アミ群(南部アミの一部、別名ファランガウ・アミ、成功鎮以南の海岸沿い、および台東平野に住む。ファランガウは台東市の馬蘭という集落のアミ語の名前)
  • 恒春アミ群(南部アミの一部、恒春半島に住む)

しかしこうした分類は、広く受け容れられているものの、地理的な区分や部族の移住の結果に基づいているに過ぎない。文化、言語、身体的特徴などの調査から分かったアミ族内部の相違とは一致していない。民族的に最も近いのはフィリピンの諸民族であると考えられる[3][4]

風習[編集]

アミ族は母系社会 で、家族の仕事は女性主体であり女性が責任を持つ。母系相続を行うため[5]家業・財産は長女が受け継ぎ、以下優先順位は女性側にある。またも母方の姓が引き継がれる。

家長は女性であるが、一方で集落をまとめ上げる村長「カキタアン」は男性であり、家長の夫である男性の長老「マトアサイ」が形成する長老会議が村を運営する。集落の男性は成年式を迎え、一人前と認められれば青年団「カッパー」に入団する。カッパーは細かい年齢階級「スラル」に分かれ、責任などもこの階級によって決められる。基本的に下の組は上の組に絶対服従する。 それぞれの「スラル」の名は、結成された年代の流行、事件、組の動向にちなんで命名される。


以下は、歌手郭英男を生んだ台東市馬蘭19世紀後半から20世紀後半にかけてのスラル名一覧。

スラル名 意味 年代
ラ・シンシン 。当時、刀の柄を鈴で飾ることが流行していた。
ラ・トコス 山を意味する。山のように尻が重く、仕事をしない組
ラ・アベン アベンは漢人。この年、漢人が村から追い出された
ラ・トンス トンスは通事。次から次へと脈絡の無い話をする組。
ラ・ツクル 下を向き、決して威張らない組。 1938年当時、この組所属の男性・ボトル(68歳)が村長だった。
ラ・リポン リポンは日本。組が結成されたころ、初めて日本人が台東に現れた
ラ・クリ クリは苦力。組が結成されたころ、知本温泉方面へ道路建設の労役に出されるようになった。
ラ・チンビン チンビンは騎兵。村に騎兵が現れた
ラ・サマイ サマイは木の名前。村長が檳榔の代用になる、サマイの木を採らせた
ラ・スンテン スンテンは壮丁。漢人の壮丁団が穿いていた赤いズボンが物珍しかった。
ラ・ホンテ ホンテは皇帝(日本国天皇)。明治天皇の崩御を悼んだ。
ラ・インパイ インパイは勲章。台東に来た日本の高官が、勲章をつけていたから 1976年当時、87~89歳。
ラ・ツキン ツキンは毒魚の名。この魚に刺されたものがいるから。
ラ・ウシン ウシンは5銭銀貨。このころから流通しだした。
ラ・パジャウ パジャウは刀。漢人の刀を用いたことから。
ラ・トイン 台湾北部の桃園市へ行った者がいたことから。
ラ・グンカン この年、台東の港に日本軍の軍艦が入港した。 郭英男が所属していた組である。
ラ・スントク 台湾総督が台東に来たから。
ラ・タイパク 台北に団体で旅行したことから。 1976年当時、61~64歳。
ラ・クトン クトンは「半分」の意。疫病が流行り、祭りが半分しか行えなかった。 1976年当時、57~61歳。
ラ・テホムク テホムクは「転覆」。海難事故があった年に結成された組。
ラ・テブ テブは「堤防」。この年、川の堤防工事が完成した。
ラ・ミンコック 日本敗戦で、台湾が中華民国になる。
ラ・タンク タンク(戦車)が行進した年に結成された組。
ラ・クンレン クンレンは徴兵訓練。この年より、徴兵が始まる。
ラ・キンモン 兵役で金門島に行く
ラ・タイチュウ 兵役で台中へ行く 1976年当時、37~39歳。
ラ・テンコ 楊伝広が世界記録を出す。 1976年当時、34~37歳。
ラ・ツカツイ ツカツイは、「揺れる」という意味。この年、暴風雨に襲われる。 1976年当時、30~33歳。
ラ・ツントン ツントンは台湾総統。この年、総統が台東に来る。
ラ・フンシャキ フンシャキは飛行機。飛行機が台東に入る。
ラ・ツラス ツラスは暴風雨のこと。この年、台東が暴風雨に襲われる。
ラ・タイトウシ 台東に市制が施行される。 1976年当時、18~20歳。

[6][7]

花蓮市連合豊年祭の、アミ族の踊り

アミ族の祭りには豊年祭、播種祭、捕魚祭、海祭などがある。

豊年祭「イリシン」は最も重要な祭祀儀式で、毎年夏に行われる。期間は2週間ほどで、時期も日数も村によって異なるが、基本的に南部の台東県では太陽暦の7月、北部の花蓮県では8月に行われる、祭ではブタが殺され、皆で肉を分けて食べる事が行われる。祭では色彩豊かな衣装が着られ、歌や踊りが行われる。

また、10月から11月にかけて、アミ語でシカワサイと呼ばれる女シャーマンが主催する祭りがおこなわれる。これには8~15歳の子供が集められ彼らは盛んに踊る。特に祭りの終りの半月ほどは激しく踊り、その間にトランス状態に陥った童女が次代のシャーマンに任命される。

[編集]

歌と踊りはアミ族の特徴でもある。集落ではリズミカルな歌が歌い継がれ、フォークダンスのような踊りが日頃より行われている。花蓮の「阿美文化村」のような観光施設では、恋愛や狩りなどアミ族の物語に基づいた歌や踊りを披露するアトラクションが行われている。また張震嶽のような歌手もアミ族から出ている。日本時代にも陽気な性格が知られており、高砂義勇隊にあってもその性格を存分に発揮していた。

Return to Innocence[編集]

アミ族の歌はかつてエニグマ1993年のヒット曲、『Return to Innocence』にフィーチャーされ世界的に有名になったことがある。1996年アトランタオリンピックのテーマソングともなったこの曲では、アミ族のパフォーマンスグループの一員郭英男(ディファン、Difang)および妻のイガイ(Igay、中国名郭 秀珠)が1988年のパリでの文化交流で披露した「老人飲酒歌」のコーラスが使われた。

パリでのパフォーマンスはCDにされ、ここからエニグマのメンバーであるミヒャエル・クレトゥがコーラスをサンプリングして曲にしたが、後に夫妻から無断使用およびクレジットに名前を載せなかったことにより訴えられた。クレトゥは、この音源をパブリック・ドメインと勘違いしており著作権違反のつもりはなかったと述べたが、和解金の支払いと今後クレジットに夫妻の名を載せることを条件にして裁判は終了した。和解金はほぼアミ族文化振興のため寄付されている。

日本との関わり[編集]

著名人[編集]

スポーツ選手[編集]

芸能人[編集]

  • 張震嶽 - 歌手。
  • 呂建中(TANK) - 歌手。
  • 施孝栄 - 歌手。
  • 郭英男(Difang) - 歌手。
  • 羅志祥(ショウ・ルオ) - タレント。母方がアミ族の血統。
  • 黄麗玲(A-Lin)- 歌手。
  • 蕭敬騰(ジャム・シャオ)- 歌手。
  • 高幸 - 声優。日本のプロダクションに所属している。
  • 盧學叡-歌手

脚注[編集]

  1. ^ 行政院原住民族委員會來源(引用於2010年2月
  2. ^ Directorate General of Budget, Accounting and Statistics, Executive Yuan, R.O.C. (DGBAS). National Statistics, Republic of China (Taiwan). Preliminary statistical analysis report of 2000 Population and Housing Census. Excerpted from Table 28:Indigenous population distribution in Taiwan-Fukien Area. Accessed PM 8/30/06
  3. ^ plbi-03-08-05
  4. ^ http://hpgl.stanford.edu/publications/AJHG_2001_v68_p432.pdf
  5. ^ http://www.ethnologue.com/show_language.asp?code=ami
  6. ^ 『高砂族の祭儀生活』昭和20年、古野清人著
  7. ^ 『シリーズ食文化の発見 粒食文化と芋飯文化』昭和56年、宮本常一監修 柴田書店
  8. ^ 読売新聞2013年2月9日「台湾出身の元日本兵」

外部リンク[編集]