ブヌン族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブヌン族
Bunun by Torii 1900 n7474.jpg
正装したブヌン族の男女。1900年鳥居龍蔵撮影。
総人口
51447人[1]
居住地域
台湾南投県花蓮県台東県台北市他)
言語
ブヌン語台湾語北京語日本語
宗教
キリスト教アニミズムシャーマニズム
伝統的な衣装を着たブヌン族の踊り子

ブヌン族布農族)またはヴンヌム族[2]台湾原住民の一つ。南投県信義郷仁愛郷花蓮県卓渓郷万栄郷の山岳部を中心にその他高雄市桃源区那瑪夏区台東県海端郷延平郷などにも分布している。人口は約5万人。独自のブヌン語を有し、ブヌンとはブヌン語でを意味する言葉である。

社会組織は、長老制度による父系氏族大家族社会で、長老者会議各家族の長老たちが集まり村の政策決定を行なう。民族意識が強く、民族の固有言語を保っている数少ない台湾原住民族である。

「小米()の豊作を祈る歌」など八部和音唱法の歌をもつことで知られる。

分布[編集]

ブヌン族は主に中央山脈の両側に住み、典型的な高山民族といえる。 18世紀頃、南投あたりのブヌン族が大規模な移民をはじめ、結果、南投・高雄・花蓮・台東県まで居住範囲をひろげた。

ブヌン族には5つの群がある。

  • 卓社群 (take-todo):南投県信義郷久美村、仁愛郷中正、法治、万豊村。
  • 卡社群 (take bakha):信義郷南潭、地利、双竜三村。
  • 丹社群 (take vatan):信義郷地利村、花蓮県万栄郷馬遠村。
  • 巒社群 (takebanuad):信義郷豊丘、望郷、新郷、人倫及び花蓮県卓渓郷。
  • 郡社群 (isbukun):信義郷東埔、羅娜、明徳、台東県海端郷、延平郷及び高雄市ナマシャ区、桃源区。ブヌン族最大の群。

文字[編集]

ブヌン族は独自の文字をもっていたという伝説がある。それによると、台湾で大洪水がおこったとき、村人が祖先が遺した宝物などをもたずに避難し、そのなかにあったブヌン文字について書かれた書物は流され、流失したといわれている。

ブヌン族出身の有名人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 行政院原住民族委員會來源[リンク切れ](引用於2010年2月
  2. ^ 台湾生蕃種族写真帖 : 附・理蕃実況. 成田写真製版所. (1912).