岡村俊昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡村 俊昭
基本情報
出身地 大日本帝国の旗 大日本帝国
花蓮港庁(現:中華民国の旗 中華民国
生年月日 1912年5月4日
没年月日 (1996-01-25) 1996年1月25日(83歳没)
身長
体重
170 cm
60 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1939年
初出場 1939年
最終出場 1949年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 南海ホークス (1950 - 1960)

岡村 俊昭(おかむら としあき、台湾名:葉天送1912年5月4日 - 1996年1月25日)は、プロ野球選手

来歴・人物[編集]

台湾・花蓮県に生まれ育ち、夜間学校に通いながら町の軟式野球チームに所属していた[1]。1929年に平安中学校に進学。当時、平安中には野球の盛んな花蓮からすでに4人の選手が野球留学しており、岡村もそれを追う形になった。平安中学時代には主に捕手を務め、1933年夏の甲子園大会では準優勝を果たしている。ちなみに甲子園には9回出場しており[2]、最多出場記録保持者3名のうちの1人でもある[3]。平安中学卒業後、日本大学(旧制)を経て1939年に南海軍に入団。プロ入り後に外野手に転向する。転向当初は守備に不安定な面があり、初年度の1939年7月30日の対阪神戦(中百舌鳥球場)では3度落球し、外野手の1試合最多失策を記録した[4]

1944年に首位打者を獲得。このとき、岡村の打率.369に対して所属する近畿日本の勝率は.324で、試合数が少なかったという事情はあるものの、それ以前には鬼頭数雄(1940年)しかいない「所属チームの勝率より打率の高い首位打者」になっており、2008年横浜ベイスターズ内川聖一が64年ぶりに記録するまでは登場することのなかった珍記録であった。ちなみに、岡村と鬼頭は1941年の1年だけチームメイトでもあった。また、試合数に加えボールの質も悪化したため、中根之(1936年秋)以来の「本塁打0の首位打者」でもある(このあと正田耕三が記録するまで43年間達成者はいなかった)。

1949年限りで引退、その後はコーチを1960年まで務め「百万ドルの内野陣」を築いた。コーチ時代には、一軍監督である鶴岡一人の「親分」に対して「大将」というあだ名があったという。1961年から1972年まではスカウトを務めた。1978年に南海が発行したファンブックには短い評伝が掲載され、「南海隆盛の因は岡村の野球にかける情熱に負うところが大である」と記された。

1996年死去。現役時代より亡くなるまで、京都市の平安高校近くに住んでいた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1939 南海
近畿日本
グレートリング
南海
88 374 304 44 74 12 3 0 92 38 20 -- 8 2 60 -- 0 54 -- .243 .368 .303 .671
1940 101 367 311 19 67 12 3 0 85 29 12 -- 3 1 51 -- 1 41 -- .215 .328 .273 .601
1941 81 322 274 17 60 13 1 1 78 23 2 -- 4 -- 44 -- 0 32 -- .219 .327 .285 .612
1942 103 409 341 21 67 12 6 0 91 25 7 8 5 -- 61 -- 2 31 -- .196 .322 .267 .589
1943 83 347 281 27 59 7 2 1 73 15 9 7 7 -- 58 -- 1 28 -- .210 .347 .260 .607
1944 35 147 130 17 48 4 0 0 52 4 9 1 2 -- 15 -- 0 3 -- .369 .434 .400 .834
1946 77 279 240 26 63 10 2 0 77 38 14 5 5 -- 32 -- 2 20 -- .263 .354 .321 .675
1947 49 143 128 9 23 1 0 0 24 12 4 0 1 -- 13 -- 1 17 -- .180 .261 .188 .448
1948 27 30 26 2 6 1 0 1 10 5 0 0 0 -- 4 -- 0 3 -- .231 .333 .385 .718
1949 7 8 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 2 -- .000 .000 .000 .000
通算:10年 651 2426 2043 182 467 72 17 3 582 189 77 21 35 3 338 -- 7 231 -- .229 .340 .285 .625
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 南海(南海軍)は、1944年途中に近畿日本(近畿日本軍)に、1946年にグレートリングに、1947年に南海(南海ホークス)に球団名を変更

タイトル[編集]

  • 首位打者:1回 (1944年)
  • 最多安打(当時連盟表彰なし):1回 (1944年) ※1994年より表彰

背番号[編集]

  • 7 (1939年 - 1943年)
  • 5 (1946年 - 1949年、1950年途中 - 1955年)
  • 31 (1950年 - 同年途中)
  • 60 (1956年)
  • 50 (1957年 - 1960年)

参考文献[編集]

  • 永井良和『ホークスの70年』(ソフトバンククリエイティブ、2008年)

脚注[編集]

  1. ^ 台湾の野球人に関する事典サイト「台湾棒球維基館」には「アミ族(阿美族)」とある[1]
  2. ^ 5大会以上甲子園に出場した選手(ベンチ入りも含む)(野球回廊のページ)
  3. ^ 他の2人は岡村とチームメイトでもあった波利熊雄、光林俊盛。このうち、岡村と光林のみ9回ともレギュラーとして出場した。(波利は2回補欠だった。)
  4. ^ 宇佐美徹也『プロ野球データブック'84』講談社文庫、1984年、P457。このうち2つは1回裏に連続して記録した。

関連項目[編集]