中根之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中根 之
Susumu Nakane 1955 Scan10015.jpg
1955年撮影
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県
生年月日 1910年9月21日
没年月日 不明
身長
体重
171 cm
60 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1936年
初出場 1936年
最終出場 1938年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

中根 之(なかね すすむ、1910年9月21日 - 没年不明)は、兵庫県出身の元プロ野球選手外野手)、プロ野球審判員

来歴・人物[編集]

第一神港商業では第6回選抜中等学校野球大会に出場し、決勝戦で広陵中を3-1で下してチームは優勝した。


1936年名古屋軍入団。初年度の秋季リーグで打率.376を記録し、プロ野球の初代首位打者となった[1]。この記録は1リーグ時代、戦前のプロ野球での最高打率である。プロ野球史上3人(ほかに岡村俊昭正田耕三)しかいない「本塁打0本の首位打者」でもあった。

1937年イーグルスへ移籍。1938年の秋季リーグを最後に引退

引退後は、1952年毎日オリオンズの二軍コーチ[1]、翌1953年には二軍監督に昇格し[1]1955年の時点では養成主任として二軍コーチに戻っている[2]。のち、パシフィック・リーグプロ野球審判員を務めた[1]二出川延明が「俺がルールブックだ」という発言をしたとされる試合において、そのきっかけになったジャッジをしたのが中根である。

1963年8月、近鉄ジャック・ブルームに対する判定(退場を宣告)をめぐり、近鉄ファンを名乗る人物からの脅迫状が届く。中根はリーグ幹部と相談して休養を取り、そのまま審判を辞任した[3]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1936春夏 名古屋 12 45 38 4 8 2 0 0 10 4 3 -- 3 -- 5 -- 0 4 -- .211 .302 .263 .565
1936 25 111 93 20 35 2 3 0 43 7 7 -- 4 -- 11 -- 3 8 -- .376 .458 .462 .920
1937 イーグルス 52 221 185 32 57 6 4 2 77 13 12 -- 5 -- 27 -- 4 21 -- .308 .407 .416 .824
1937 20 82 62 16 18 1 1 1 24 9 2 -- 2 -- 15 -- 3 8 -- .290 .450 .387 .837
1938 35 147 127 22 36 5 1 1 46 8 4 -- 1 -- 18 -- 1 13 -- .283 .377 .362 .739
1938 37 154 135 20 29 7 2 3 49 12 11 -- 3 -- 14 -- 2 21 -- .215 .298 .363 .661
通算:3年 181 760 640 114 183 23 11 7 249 53 39 -- 18 -- 90 -- 13 75 -- .286 .385 .389 .774
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

背番号[編集]

  • 15 (1936年)
  • 16 (1937年 - 1938年)
  • 50 (1955年)[2]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d #森岡 p.364
  2. ^ a b #ベースボールマガジン p.73
  3. ^ 織田淳太郎『審判は見た!』新潮新書、2003年

参考文献[編集]

関連項目[編集]