張奕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
張 奕
オリックス・バファローズ #98
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国台湾
出身地 花蓮県万栄郷西林村
生年月日 (1994-02-26) 1994年2月26日(26歳)
身長
体重
182 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手投手
プロ入り 2016年 育成選手ドラフト1位
初出場 2019年5月16日
年俸 1,100万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
プレミア12 2019年
張 奕
各種表記
繁体字 張 奕
簡体字 张 奕
拼音 Zhāng Yì
注音符号 ㄓㄤㄧˋ
和名表記: ちょう やく
発音転記: ジャン・イー
英語名 Chang Yi
テンプレートを表示

張 奕(ジャン・イー、ちょう やく、1994年2月26日 - )は、台湾中華民国)・花蓮県出身[2]プロ野球選手投手)。右投右打。オリックス・バファローズ所属。

日本国内の高校(福岡第一高校)に3年間在学していたため、NPBでは外国人枠の例外規定で日本人選手と同じ扱いを受けているが、国際大会には台湾(チャイニーズタイペイ)の代表として出場している。NPBでの登録名の読みは、日本語読みした「ちょう・やく」を用いている。

日本のプロ野球でのプレー経験を持つ陽耀勲、陽品華(改名前は「陽耀華」〈読み方:よう ようか〉、元長崎セインツ愛媛マンダリンパイレーツ内野手)、陽岱鋼兄弟は、母方の従兄に当たる[3]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学3年生の頃から台湾で野球を始めた[3]が、7歳年上の従兄である陽岱鋼への憧れから、福岡県福岡市福岡第一高校に進学[4]右翼手投手を兼ねていた[2]。3年夏の第94回選手権福岡大会決勝では、「1番・右翼手」としてスタメンに起用。3回裏からの救援登板で6イニングを無失点に抑えたほか、打者として1安打を放ったが、チームは飯塚高校の前に2 - 4というスコアで敗れた[5]。結局、甲子園球場の全国大会とは無縁のまま日本経済大学へ進んだ。

日本経済大学への進学後は、外野手として1年時の春からレギュラー[6]に定着。福岡六大学のリーグ戦では、新人王と2度のベストナインを受賞した。また、3年時までのリーグ戦で放った本塁打は1本だったが、4年時の秋には4本塁打で最多本塁打のタイトルを獲得した[3]

2016年のNPB育成ドラフト会議で、オリックス・バファローズから外野手として1巡目で指名。支度金300万円、年俸250万円(金額は推定)という条件[7]で、育成選手として入団した。入団当初の背番号122。

プロ入り後[編集]

2017年には、外野手としてウエスタン・リーグ公式戦59試合に出場。しかし、打率.091、1打点、ノーアーチと振るわず、支配下選手登録を勝ち取れなかった。

2018年には、ウエスタン・リーグ公式戦で15試合連続ノーヒットを喫した末に、レギュラーシーズン中の6月中旬から投球練習を開始[8]。外野手登録を続けながら、同リーグ公式戦5試合に投手として登板すると、通算投球イニングが5回ながら防御率1.80という成績を残した[9]

2019年には、ポジション登録を外野手から投手へ正式に変更[10]令和時代最初の日であった5月1日に支配下選手契約へ移行するとともに、背番号を 98に変更した[11][12][13]5月16日の対千葉ロッテマリーンズ戦(ZOZOマリンスタジアム)8回裏に一軍公式戦へデビュー。救援で2試合に登板しただけで出場選手登録をいったん抹消されたが、抹消後は二軍で先発調整に取り組む[14]一方で、7月11日フレッシュオールスターゲーム楽天生命パーク)にウエスタン・リーグ選抜の救援投手として登板した[15]8月8日の対北海道日本ハムファイターズ戦(旭川スタルヒン球場)で、先発投手として一軍に復帰。6回を2被安打、1失点、無四球、6奪三振という内容で、一軍公式戦での初勝利を挙げた[16][17]NPBの球団に育成契約の野手として入団した選手が、投手への転向と支配下選手登録を経て、一軍公式戦の初先発で初勝利を挙げた事例は張奕が初めてである[16]。一軍公式戦では、通算で8試合に登板。初勝利以降に登板した6試合はすべて先発で、2勝4敗、防御率5.93を記録した。シーズン終了後に開催の第2回WBSCプレミア12台湾代表の投手として出場すると[18]、オープニングラウンドのベネズエラ代表戦(11月6日)、スーパーラウンドの韓国代表戦(11月12日)の2試合に先発。通算投球イニング13回2/3を無失点で凌いだほか、いずれの試合でも白星を挙げたことから、大会終了後には先発投手部門でベストナインに選ばれた[19]

選手としての特徴[編集]

大学時代は、50メートル走6.0秒[20]、遠投120メートル、走攻守三拍子揃った外野手との評価を得ていた[3]

プロで投手に転向した後は、最速152km/hのストレート[17]と落差のあるフォークボール[21]を軸に、カーブスライダーを交える[9]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2019 オリックス 8 6 0 0 0 2 4 0 0 .333 126 27.1 36 7 9 0 1 17 1 0 20 18 5.93 1.65
2020 13 9 0 0 0 2 4 0 0 .333 212 48.0 50 5 16 0 2 46 1 1 26 23 4.31 1.38
NPB:2年 21 15 0 0 0 4 8 0 0 .333 338 75.1 86 12 25 0 3 63 2 1 46 41 4.90 1.47
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



投手












2019 オリックス 8 0 4 0 0 1.000
2020 13 1 8 0 0 1.000
通算 21 1 12 0 0 1.000
  • 2020年度シーズン終了時

表彰[編集]

台湾代表

記録[編集]

背番号[編集]

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ オリックス - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2020年12月3日閲覧。
  2. ^ a b 都築学園グループ 日本経済大学 硬式野球部の張奕(チョウ・ヤク)選手がプロ野球ドラフトにてオリックス・バファローズより育成枠1位指名”. PR TIMES (2016年10月20日). 2017年6月10日閲覧。
  3. ^ a b c d オリ育成ドラフト1位の張奕 いとこ陽岱鋼と「一緒にやりたい」”. Sponichi Annex (2016年11月8日). 2017年6月10日閲覧。
  4. ^ オリ育成ドラフト1位・張奕 いとこの陽岱鋼にラブコール「右中間を組みたい」”. デイリースポーツ (2016年11月8日). 2017年6月10日閲覧。
  5. ^ 第94回全国高校野球選手権福岡大会 飯塚―福岡第一(決勝)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2012年7月28日). 2017年6月10日閲覧。
  6. ^ 日ハム陽岱鋼は従兄。オリックス育成1位の張奕がヤフオクドームで本塁打”. Yahoo!ニュース (2016年10月22日). 2017年6月10日閲覧。
  7. ^ オリックス育成ドラ1張奕と仮契約 陽岱鋼のいとこ”. 日刊スポーツ (2016年11月16日). 2017年6月12日閲覧。
  8. ^ オリックス育成の張奕1回0封 巨人陽岱鋼のいとこ”. 日刊スポーツ (2018年10月18日). 2019年5月2日閲覧。
  9. ^ a b 【次のスターはオリまっせ】張奕投手 エースの言葉で消えた甘さ 投げ続けた先に春は来る”. スポーツニッポン (2019年1月31日). 2019年8月8日閲覧。
  10. ^ オリックス育成の張奕外野手、支配下選手から開幕1軍目標 来季からは投手登録に”. デイリースポーツ (2018年11月21日). 2019年5月2日閲覧。
  11. ^ 陽岱鋼いとこ・張奕がオリ支配下に”. サンケイスポーツ (2019年5月2日). 2019年5月2日閲覧。
  12. ^ 新規支配下選手登録 2019年度”. 日本野球機構. 2019年5月2日閲覧。
  13. ^ オリックス、張奕を支配下登録 令和初の昇格 いとこ陽岱鋼と「対戦したい」”. スポーツニッポン (2019年5月1日). 2019年8月8日閲覧。
  14. ^ 【オリックス】巨人・陽岱鋼のいとこ・張奕がプロ初先発へ「やることは変わらない」”. スポーツ報知 (2019年8月5日). 2019年8月8日閲覧。
  15. ^ 2019年7月11日(木) 楽天生命パーク【フレッシュオールスターゲーム】 イースタン・リーグ vs ウエスタン・リーグNPB日本野球機構
  16. ^ a b 育成野手出身オリックス・張、涙のお立ち台「亡くなったおじいちゃんに…」捧げる初白星 いとこ陽岱鋼にも感謝”. スポーツニッポン (2019年8月8日). 2019年8月8日閲覧。
  17. ^ a b オリックス、プロ初先発の張奕が6回1失点の好投「楽しんで投げることができた」”. デイリースポーツ (2019年8月8日). 2019年8月8日閲覧。
  18. ^ 聯合新聞網 (20191001T153013Z). “12強/中華隊28人名單公布 王柏融入列 | 聯合新聞網:最懂你的新聞網站” (中国語). 聯合新聞網. 2019年10月1日閲覧。
  19. ^ 2019 WBSCプレミア12 表彰選手
  20. ^ オリックス ドラフト“隠し玉”に陽岱鋼いとこ”. スポーツニッポン (2016年10月8日). 2019年11月13日閲覧。
  21. ^ https://full-count.jp/2019/11/16/post607082/

関連項目[編集]

外部リンク[編集]