張奕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
張 奕
Yaku Cho
オリックス・バファローズ #122
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国台湾
出身地 花蓮県[1]
生年月日 (1994-02-26) 1994年2月26日(25歳)
身長
体重
182 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手投手
プロ入り 2016年 育成選手ドラフト1位
年俸 260万円(2019年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
張 奕
各種表記
台湾語 張 奕
和名表記: ちょう やく
発音転記: チャン・イー
英語名 Chang Yi
テンプレートを表示

張 奕(チャン・イー、ちょう やく、1994年2月26日 - )は、台湾中華民国)・花蓮県出身[1]プロ野球選手投手育成選手)。右投右打。オリックス・バファローズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学3年生の頃から野球を始める[3]

高校は、7歳年上の従兄陽岱鋼に憧れ、福岡県福岡市福岡第一高に進学[4]甲子園出場経験はなく、右翼手投手で出場した[1]3年生の夏の第94回福岡県大会では、2012年7月28日に行われた決勝で、1安打を放ち、3番手投手として登板し6回を無失点に抑えるが、4対2で飯塚高等学校に敗れ、惜しくも準優勝だった[5]

高校卒業後は、日本経済大学に進学。野球部では、1年次の春からレギュラー[6]福岡六大学野球連盟において、新人王と2度のベストナインを受賞し、4年生の秋には本塁打王を獲得する[3]

2016年プロ野球ドラフト会議においてオリックス・バファローズから育成選手ドラフトで第1巡目で指名され、支度金300万円、年俸250万円(金額は推定)で契約合意に達し[7]、入団した。背番号122

プロ入り後[編集]

2018年6月中旬から投手練習を開始して投手に転向した[8]

選手としての特徴[編集]

大学時代は、50メートル走6.2秒、遠投120メートル、走攻守三拍子揃った選手[3]

投手に転向後、2018年二軍で、直球は自己最速の151km/hを計測[9]

人物[編集]

同じくプロ野球選手となった陽耀勲陽品華(改名前は「陽耀華」〈読み方:よう ようか〉、元長崎セインツ愛媛マンダリンパイレーツ内野手)、陽岱鋼たち兄弟は母方の従兄にあたる[3]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 122 (2017年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]