アチェ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アチェ語
Bahasa Ache
話される国 インドネシアの旗 インドネシア
地域 アチェ州
話者数 350万人[1]
言語系統
表記体系 ラテン文字
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 ace
ISO 639-3 ace
アチェ州内のアチェ語話者分布
テンプレートを表示

アチェ語 (Bahasa Aceh) はインドネシアスマトラ地方、アチェ州で使用されているオーストロネシア語族に属する言語である。 マレー語からの借用語を多く持つが、隣接する地域で話されるマレー語などの言語とは異質の特徴を示すことが知られている。SVO語順をとる。

音韻体系[編集]

アチェ語の音素は、母音9種、子音19種の合計28種である。[2]以下、母音と子音それぞれの綴り字と、音素記号を示す。

  • 母音: i, é[e], è[ɛ], eu[ɯ], e[ə], a, u, ō[o], ò[ɔ]
  • 子音: 無声破裂音 p, t, c[t͡ʃ], k, '[ʔ] ; 有声破裂音 b, d, j[d͡ʒ], g ; 鼻音 m, n, ny[ɲ], ng[ŋ] ; 摩擦音 s, h ; 流音 r[ɤ, ʁ], l ; 半母音 w, y[j]

文法の特徴[編集]

アチェ語の形態法は、主として接辞によるが、他のオーストロネシア諸語に比べると接辞の種類は少ない。動詞の派生は主に接頭辞による。 動詞には、能動態と受動態の区別が無い。[3]

方言[編集]

次の4つの方言に分けられる。

  • アチェ方言
  • ガヨ・アラス方言
  • タミアン方言
  • アヌック・ジャメー方言

この下に複数の方言が存在する。また、ジャワ語と同じく、敬語が非常に発達している。

単語など[編集]

  • Peu haba? = お元気ですか?
  • Lôn = 私
  • Han = いいえ
  • Pajôh = 食べる

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Ethnologue report for language code ace (英語) - エスノローグ
  2. ^ 亀井孝, 河野六郎, 千野栄一, 西田龍雄 『言語学大辞典第1巻』三省堂、1988年、180頁。
  3. ^ 亀井孝, 河野六郎, 千野栄一, 西田龍雄 『言語学大辞典第1巻』三省堂、1988年、181頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]