アラヌカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アラヌカ
Aranuka
座標 : 北緯0度9分0秒 東経173度35分0秒 / 北緯0.15000度 東経173.58333度 / 0.15000; 173.58333
行政
キリバスの旗 キリバス
 行政区 ギルバート諸島
 地区 アラヌカ
地理
面積  
  地区域 13.228 km2 (5.107 mi2)
標高 3 m (10 ft)
人口
人口 (2015年現在)
  地区域 1,125人
    人口密度   79.9人/km2(206.9人/mi2

アラヌカは、キリバス環礁であり、ギルバート諸島赤道のすぐ北にある。 2010年の面積は11.6km2 、人口は1,057人。アラヌカはキリバスの伝統的な中心地となっている。

地理[編集]

訪問者を歓迎するアラヌカ島の住民

アラヌカは三角形の環礁であり、主にブアリキタカエアンの2つの島によって形成されている。これらの島々は、北側の長い砂州と南側の水中のサンゴ礁の頂上で接続されており、中央のラグーンへ通ずる広い通路も存在する[1]

村が位置する島のラグーン側に沿って走る道路は1つだけであり、主要道路から島の他の部分まで走るアクセス道路とフィーダー道路のネットワークが存在する。これらの道路は一般に、プッシュバイクやバイクが通行するのに十分な幅があるが、大型トラックは通行できない。すべての村は幹線道路沿いにあり、自転車、バイク、トラックで徒歩で簡単にアクセスできる[2]

アラヌカにはラグーンがあるが、貝はそれほど豊富ではない。環礁の南西側にはサンゴ礁の真ん中を通るラグーンへの通路があり、穏やかな天候の時にはボートによる通行が可能である。通路には、潮の流れが非常に速くなる可能性のあるいくつかの危険なポイントがある。アラヌカはヤエヤマヒルギの古いマングローブで知られており、ココナッツの木と同じくらいの高さに成長し、現在は鳥の繁殖地となっている。これらのマングローブは、アラヌーカ本土の北端に向かって見つけることができる[2]

[編集]

アラヌカ島は、当初3つの村しか存在しなかった。 1978年にバウルア村が設立されたが、住民は10戸未満であった。現在アラヌカ島には4つの村が存在する [3]。村の現在の人口は次のとおり。

アラヌカ:人口と土地面積
国勢調査地域 2010年の人口[4] 島別の土地面積(ヘクタール) 密度(1ヘクタールあたりの人数)
無人島 0 54.8 0
タカエアン 252 487.4 0.5
ブアリキ 500 618.9 1.3
カウアケ 92
バウルア 213
アラヌカ合計 1057 1161.1 0.9

歴史[編集]

アラヌカは伝統的にキリバスの中心にある島であり、祖先の神であるナローによってキリバスのすべての島が形成され、分離していった場所とされている。こうした理由により、アラヌカはかつてアナヌカ(Ananuka真ん中)として知られていた[3]

トーマス・ギルバートジョン・マーシャルファースト・フリートであるシャーロットスカボローの内航海であったが、1788年6月[5]にアラヌカを訪れた最初のヨーロッパ人である[6]

島は1841年に米国探検遠征隊によって調査された[7]

1860年から1880年代後半の間に、アベママ の大首長であるTenkoruti(Karotu王)によりアラヌカとクリアが征服された。この時、アラヌカとクリアの前統治者(Ten Temea)はこれら二つの島を放棄し、ギルバート諸島のマイアナへと発った。その後、テンコルティの甥であるテム・ビノカによって統治された[3]

アラヌカ郵便局は1924年頃に開設された[8]

観光[編集]

アラヌカには白い砂浜と青い海があり、高さ15 m以上の高いマングローブの木があるキリバスで唯一の島である[要出典]。無人島では、訪問者に水泳やシュノーケリングのスポットを提供している。

アラヌカ空港はブアリキの北端近くに位置し、南タラワから週2便航行しており、クリアへもアクセスができる。また、チャーターボートサービスも利用できる。

宿泊施設はアイランド・カウンシル・ゲストハウスによって提供されている [3]

キリバス航空のルート

参考文献[編集]

  1. ^ Arunuka”. 2010年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月12日閲覧。
  2. ^ a b 10. Aranuka”. Office of Te Beretitent - Republic of Kiribati Island Report Series (2012年). 2020年12月12日閲覧。
  3. ^ a b c d Aranuka factsheet”. Kiribati Tourism, Government of Kiribati. 2013年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月12日閲覧。
  4. ^ Kiribati Census Report 2010 Volume 1”. National Statistics Office, Ministry of Finance and Economic Development, Government of Kiribati. 2013年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月12日閲覧。
  5. ^ Samuel Eliot Morison (1944年5月22日). “The Gilberts & Marshalls: A distinguished historian recalls the past of two recently captured pacific groups”. Life magazine. https://books.google.com/books?id=bk8EAAAAMBAJ&pg=PA91&dq=%22Thomas+Gilbert%22+captain+pacific#q=%22Thomas%20Gilbert%22%20captain%20pacific 2020年12月12日閲覧。 
  6. ^ “As, however, it seemed probable, even to a layman, that neither of the captains could have seen Abemama, their narratives and Marshall's log were referred to Captain Brett Hilder, a leading navigational authority on the area, who has established that Hopper's Island was actually the main (or eastern) islet of ARANUKA, Henderville's the smaller western islet on the same reef and Woodle's the island of KURIA.” Henry Evans Maude.
  7. ^ Stanton, William (1975). The Great United States Exploring Expedition. Berkeley: University of California Press. pp. 245. ISBN 0520025571. https://archive.org/details/greatunitedstate00will/page/245 
  8. ^ Premier Postal History. “Post Office List”. Premier Postal Auctions. 2020年12月12日閲覧。

外部リンク[編集]