赤い靴 (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
赤い靴
ジャンル テレビドラマ
脚本 上條逸雄鴨井達比古
監督 日高武治竹林進
出演者 ゆうき みほ
梅田智美
八代るみ子
オープニング 「赤い靴」(中村洋子)
製作
プロデューサー 黒田正司、石井幸一、土井利泰
制作 TBS東宝株式会社
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1972年10月3日 - 1973年9月25日
放送時間 火曜19:00 - 19:30
放送枠 TBS火曜7時枠の連続ドラマ
放送分 30分
回数 52

赤い靴』(あかいくつ)は1972年10月3日から1973年9月25日まで、毎週火曜19時から19時30分までTBS系列で放映されていた連続テレビドラマ東宝制作、全52話。

概要・内容[編集]

主人公の小田切美保はバレリーナだった母の後を継ぎ、「和泉バレエ団」に入団してライバルの甲斐鏡子としのぎを削り合い、先輩の稲村節子のいじめを受けながらも、プリマドンナを目指して日々頑張っていく物語。 ちなみに原作も脚本の上條逸雄。

本作ではサブタイトルが無く、全話ともストーリーの冒頭で『第(数字)回』と表示されていた。最初は全26話の予定であったが、好評により、1973年1月に倍の52話までの延長が決定した[1]

本作のプロデューサーの一人である土井利泰が著した『振り向いてテレビ』(中央公論事業出版)によれば、バレエを題材としてドラマを製作するにあたり、本職のプリマ級のバレリーナをヒロインとして起用しようということになり、放送開始の前年(1971年)から、当時、牧阿佐美バレヱ団に所属していた靭啓子(うつぼ けいこ)に出演交渉を始めたが、それまでドラマ出演など役者の経験は無かったことなどもあって、一時は交渉が決裂し企画が無期延期になるも、改めて先に「ゆうき みほ」という芸名を付けて出演を交渉し、ようやく主演起用に至ったという経緯があった。また、ライバル役の梅田智美(智子)も、当時ですでにバレエ歴12年のキャリアがあった[2]

オープニングのタイトルバック、バレエ公演などのシーン、衣装、舞台装置などは牧阿佐美バレヱ団の全面協力で制作された。

なお、主演の’ゆうき みほ’はテレビドラマでは他に、1974年の『白い牙』(日本テレビ)の第22話にゲスト出演するなどしたが、その後は本業のバレエに専念。‘ゆうき みほ’の芸名はバレエ界でも名乗っている。1985年には『橘秋子優秀賞』、1988年には『第4回服部智恵子賞』各賞を受賞。牧阿佐美バレヱ団、橘バレヱ学校で教師を務める他、現在は自らのバレエスタジオを運営している。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • 『赤い靴』 - 作詞:岩谷時子/作曲:三沢郷/歌:中村洋子
  • 挿入歌『待つのはつらい』 - 作詞:岩谷時子/作曲:三沢郷/歌:中村洋子

コミカライズ[編集]

  • すずき真弓によって、「週刊少女コミック」(小学館)の1972年42号から1973年49号まで連載された。
  • また小学館の学年別学習雑誌の内、「小学一年生」から「小学四年生」の1972年11月号から(「小四」のみ12月号から)1973年10月号まで連載、連載は年度が変わった1973年4月号からは、1年上の学習雑誌に繰り上げて継続された。作画者は次の通り。
    • 「小学一年生」
    • 「小学二年生」
    • 「小学三年生」
    • 「小学四年生」
    • 「小学五年生」
      • 1973年4月号から10月号:もりゆきこ
  • 「小学五年生」1972年12月号から1973年3月号、「小学六年生」1972年12月号から1973年10月号は、読み物連載

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 週刊TVガイド 1973年1月19日号 95ページ「コミコミコーナー」より。
  2. ^ 週刊TVガイド 1972年10月13日号 106ページの本作の紹介記事より。
TBS 火曜19:00 - 19:30枠
前番組 番組名 次番組
赤い靴