デンキ街の本屋さん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デンキ街の本屋さん
ジャンル ラブコメディ日常
漫画
作者 水あさと
出版社 日本の旗 KADOKAWA メディアファクトリー
掲載誌 月刊コミックフラッパー
発表号 2011年7月号 -
巻数 既刊9巻 + 短編集3巻
アニメ
原作 水あさと
監督 佐藤まさふみ
シリーズ構成 ふでやすかずゆき
脚本 森脇真琴、ふでやすかずゆき
江夏由結井上美緒
キャラクターデザイン 國行由里江
音楽 高木洋
アニメーション制作 シンエイ動画
製作 コミックうまのほね
放送局 放送局参照
放送期間 2014年10月 - 12月
話数 全12話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

デンキ街の本屋さん』(デンキがいのほんやさん)は、水あさとによる日本漫画作品。『月刊コミックフラッパー』(KADOKAWA メディアファクトリー)にて2011年7月号[1]より連載されている。

概要[編集]

日本のとある電気街」に建つ架空の書店「COMIC うまのほね」を舞台に、店員達の日常を描く青春ラブコメディ漫画である[1]。物語の中心となる7人の店員はそれぞれ強い個性を持ち[2]秋葉原などに展開する漫画専門書店にも共感される描写[3]が特徴。時系列に従って登場人物間の関係など微妙な変化はあるものの原則として一話毎に話題の変わる漫画であり、作品を通した物語性はない。

2013年8月にはドラマCDが発売されている[4]。日本国外においては長鴻出版社(台湾)より翻訳版が出版されている[5]

2014年5月にテレビアニメ化が発表され[6]、同年10月から12月まで放送された。

登場人物[編集]

  • この漫画の店員たちは互いを「あだ名」で呼び合い、本名は原則として明確にされない。また、店長とカントクのみが正規雇用の社員であり、他は非正規雇用のパートまたはアルバイトである。
  • 声優は特に記載のない場合ドラマCD版・テレビアニメ版共通。

コミック うまのほね[編集]

ひおたん
声 - 高森奈津美
ロングストレートの金髪を持つ女性店員。海雄の教育係的立場だが、漫画などの知識には疎い。あだ名の「ひおたん」も知識が疎い「非オタ」ということからきている。素直な性格で、意識せず“恥ずかしい台詞”を言ったり、カントクの口車に乗せられたりする。また、失敗の多いドジっ娘でもある。かなり巨乳で他の女性店員らに羨まれている。段々とBL趣味に染まりつつある。つもりんがふと発した一言がきっかけでカントクを意識するようになる。
アニメの最終回Bパートでは「アイドルマスター シンデレラガールズ」のキャラクター前川みくのコスプレをした。
先生(せんせい)
声 - 津田美波
漫画家志望でロングストレートの黒髪に眼鏡をかけぶっきらぼうな話し方をする女性店員。サークル「そばカレー」の「ジョナ太郎(ジョナたろう)」のペンネームで同人活動を行い、プロ漫画家を目指している。あだ名の由来はバイト初日の挨拶で「矢上川センチ郎先生[注 1]を超える漫画家になる」と宣言したことによる。ソムリエと並ぶ読書家。他の女性と比べて女子力に欠けることが悩みであり、つもりんからもよく女子力の低さをネタにされることがある。胸のサイズは平均よりは大きめ。海雄のことを意識している。ファミレス大好き人間。「うまのほね」店員の中では一番の泣き虫で、泣く時には比較的大粒の涙があふれ出ている。また、プレッシャーに弱く、入稿日に間に合いそうにない時、泣きながら床を転げまわり、幼児退行(通称「赤ちゃんモード」)を起こしている。
アニメの最終回Bパートでは「ゆるゆり」のキャラクター船見結衣のコスプレをした。
腐ガール(ふガール)
声 - MAKO(ドラマCD) / 竹達彩奈(テレビアニメ)
メインキャラクターの店員の中で唯一の10代である女性店員。本名は「谷津 コハル(やつ コハル)」。1年B組の16歳の女子高生。
赤いショートカットに小さなツインテール、ノコギリのような歯が特徴。かなり小柄で貧乳。メインキャラクターの中で一番背が低い。ゾンビが大好きで[注 2]、何かにつけ海雄らをゾンビに見立ててバットなどで殴ろうとする。ゾンビ関連ばかりだが造形や特殊メイクが得意。弟のタイシからは「ハルちゃん」と呼ばれている。ソムリエに想いを寄せており、第6巻では自身の気持ちをソムリエに伝えている。
アニメの最終回Bパートでは「けいおん!」のキャラクター中野梓のコスプレをした。
カメ子(カメこ)
声 - 相沢舞
キャスケット帽子を被った癖っ毛の女性店員。常に一眼レフカメラを携行し写真を撮るのが好きだが、自分を撮られるのは苦手。語尾に「〜ですぞ」と付けるのが口癖。7人の中ではカントクに次いで勤務歴が長く、店員時代のつもりんとも面識があった。カントクに想いを寄せているが、叶わぬ恋だと割り切っている。記録係を自称し、喧騒や恋愛事から一歩引いた立場にいることが多い。腐ガールと同様に貧乳であるがコンプレックス。実は結構女子力が高いが、BL趣味もある。お酒は弱いが、全く飲めない訳ではない。しかし、過去の飲み会において飲み過ぎたことが原因でカントクや他のメンバーに迷惑をかけて以来、下戸であるということにしている。
アニメの最終回Bパートでは「日常」のキャラクター長野原みおのコスプレをした。
海雄(うみお)
声 - 逢坂良太
この漫画の主人公たる新人男性店員。黒髪に眼鏡をかけた学生アルバイト。あだ名が無く本名そのままか「うみ(ちゃん、くん)」と呼ばれる[注 3]
絵の心得があり、うまのほねにアルバイトとして雇われる以前から一般公募のPOP広告に採用されており、後には「ジョナ太郎」こと先生の同人活動の手伝いもする。
普段は目立たないが、漫画やゲームなどに強いこだわりを持ち、熱く語ることがある。オタクのジャンルはマンガ、ゲーム、ライトノベルなど多岐にわたり、うまのほねではその知識を生かした陳列などを行っている。つもりんに対しては直に接すると卒倒するほどの大ファン。
連載が始まる前にイベントで配られたチラシには「菊池海雄」と記載されていたが本編には一切登場せず、また作者の水自身もボツ設定に近いと述べているが、実家の表札が菊池であった。[8]
アニメの最終回Bパートでは「はたらく魔王さま」のキャラクター真奥貞夫のコスプレをした。
カントク
声 - 松岡禎丞
茶髪の男性店員。うまのほねの正社員で、他のアルバイト店員を統率する役割を担っている。つかみどころが無く、しばしばひおたんや海雄らをからかう。7人の中では勤務歴が最も長い。つもりんはアルバイト時代の先輩にあたる。イベント前には自ら率先して残業を行ったり、問題が発生した際にはその場を仕切るなど頼りになる一面もある。つもりんと交際していた過去を持つ。映像を撮るのが趣味で、元映画監督志望。ハンディカメラ片手にひおたんのおもしろ顔をコレクションしているが、つもりん曰く「好きな子にはいじわるしたくなる」という性格の持ち主で、ひおたんに想いを寄せている。
アニメの最終回Bパートでは「ソードアート・オンライン」のキャラクターキリトのコスプレをした。
ソムリエ
声 - 杉田智和(ドラマCD) / 富田貴洋(テレビアニメ)、児玉理恵子(幼少期)
眼を覆い隠すほどの前髪と長身の男性店員。フリーター。基本は無口だが、客の望む漫画を的確に勧めることのできる漫画知識を持ち、イベントフロアで催す「ソムリエ会」には大勢の客が詰めかける。ソムリエ自身も女性客に人気がある。巨乳好きで胸関連の言葉が書かれたシャツを着ている。また、お化けが苦手。腐ガールに好意を寄せており、第6巻ではその想いを告白、付き合うことになった。エロ本Gメンは小学校の頃の同級生だった。
なにかと裸になる事が多く、その度に警察沙汰になっている。
アニメの最終回Bパートでは「アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者」のキャラクターブルーク・ダーウェンの被り物とコスプレをした。
店長
声 - 川原慶久
本作にたびたび登場する。カントクと同じく正社員で、うまのほねデンキ街本店の店長をしている。つもりんがうまのほねにいた時はアルバイトとして働いており、カントク、つもりんとよく一緒に行動をしていた。つもりんには「ちーちゃん」と呼ばれていた。
一見、温厚なぽっちゃりめの眼鏡をかけた男性だが、朝礼で自作の社歌を歌うなどの妙な行動を見せることもある。
アニメでは次回予告のみ登場し、音声なしのセリフを言っていたが、最終回Cパートの朝礼シーンにて音声付のセリフを喋っている。

その他[編集]

つもりん
声 - 佐藤聡美
「つもり はるか」の名で活動中のライトノベル作家。両側頭部で2本ずつに分けた髪型が特徴の朗らかな女性。うまのほねの元店員で、カントクの元恋人でしばらく、恋愛感情を引きずっていた。
女子力が高いと思われてたが、酒癖が非常に悪く、また宴会では他のうまのほねメンバーを飲みすぎるまで酒を飲ませほぼ毎回ダウンさせる。
アニメの最終回Bパートでは「ご注文はうさぎですか?」のキャラクター宇治松千夜のコスプレをした。
エロ本Gメン
声 - 小林ゆう
東京都青少年健全育成指導員」という成人向け図書の管理状況を調査・勧告に訪れる役人。長髪を後ろの首元で束ね、縁の尖った眼鏡をかけた女性。実は自身も成人向け、特にBL系漫画を好み、ソムリエのファンでもある。巨乳で背が高い。
ソムリエは小学校の頃の同級生で、好意を寄せている。エロ本Gメンの家庭は非常に厳しく、その頃から公務員を目指していた。兄がいる。
アニメの最終回Bパートでは「Saint October」のキャラクター聖三咲のコスプレをした。
谷津 タイシ(やつ タイシ)
腐ガールの弟で、中学2年生。腐ガールのことを「ハルちゃん」と呼び、腐ガールからは「たいちゃん」と呼ばれている。
シスコンの気があり、腐ガールによく殴られる海雄に嫉妬しライバル視している。自分より強いソムリエのことを尊敬している。アルバイトとして雇えない年齢のため、「見習い」としてうまのほねで修行中。柔道技が得意で、かつて腐ガールによく殴られていたため身体が頑丈。
そら
海雄の妹。中学生。第7巻で初めて登場した。
海雄同様かなりオタク濃度の濃い人物。特にBL系漫画を好んでいる。
館山さん(たてやまさん)
MMF出版の営業の新人社員。うまのほねに研修に来て、ひおたんの教育の下で職場体験をした。
純情な女性だったが、ガチムチ系のBLに目覚めてしまった。

番外編の登場人物[編集]

みかんBOOKS[編集]

のはら
本名「木ノ下 のはら(このした のはら)」。みかんBOOKSの女性アルバイト店員。
巨乳好きな明るい少女で、仕事中によくふざけて花田に怒られている。うまのほねを「リア充の巣窟」としてライバル視している。
本業は腐ガールと同じ高校生であり、同じ学校の同じクラスの友人同士。腐ガールの好きなものから苦手なものまですべてを把握しているという。
漆黒の凶鳥(しっこくのきょうちょう)
のはらと共に働き始めた女性アルバイト店員。ゴスロリ衣装を着ており、勤務中でもエプロンをしようとしない。
所謂中二病の言動をする小柄な女性で、真面目に仕事をせず怒られている。貧乳で、巨乳に対抗意識がある。
たまちん
本名「田町 ゆり(たまち ゆり)」。のはらと共に働き始めた女性アルバイト店員。
巨乳で眼鏡をかけた女性で、比較的真面目で気弱な性格だが、のはら達の悪ふざけに巻き込まれることが多い。BLが大好き。
花田 和人(はなだ かずと)
みかんBOOKSの男性社員で、アルバイトらの教育や統率もしている。
常識人だが、のはら達の悪ふざけには容赦ない鉄拳制裁を行なう。

ウニメイト[編集]

仲座 ひめ(なかざ ひめ)
予備校に通う高校3年生の少女。王子に助けられ一目惚れしたことをきっかけに、ウニメイトで短期の職場体験を始める。
須崎 王子(すざき きみこ)
ウニメイトで働く女性店員。1Fフロアリーダーをしており、店員仲間からは「王子(おうじ)」と呼ばれる。
ハンサムな容姿と振る舞いから、ひめに男性と間違われ一目惚れされる。

世界観[編集]

COMIC うまのほね
とある電気街に建つデンキ街本店を筆頭に全国で店を展開している漫画専門の書店。本作の舞台となっているデンキ街本店は8階建てビルにフロアを持つ。通称「うま」。一般向け商業誌だけでなく成人向け図書や同人誌も扱う。人気書籍の発売日や即売会直後の委託同人誌発売日などには夥しい顧客が来店し、深夜販売を決行したり入場制限を設ける必要が生じる。また、特典などの付く商品の発売直前やクリスマスやコミカ[注 4]等の各種イベント前後には、店に大量の商品が届き店員が夜間まで封入作業に追われる。
メインキャラクターである7人の他に店長や他フロアの店員も居る。アルバイト社員と正社員ではエプロンの色が異なる。
また、テレビアニメ版ではイメージキャラ「うまなみちゃん」(声:飯塚麻結)が存在する。
みかんBOOKS
COMIC うまのほねと同じデンキ街に同様の店舗を構える競合書店。本編では第5話に登場したのみだが、本誌2012年7月号[9]および短編集『宮田書店へようこそ!』では「『デンキ街の本屋さん』外伝 みかんBOOKSの場合」と題し、のはら・たまちん・漆黒の凶鳥の女性アルバイト店員3名と彼女らを統括する男性社員・花田の物語が描かれた。また、メロンブックス限定小冊子や本誌2014年4月号および短編集『男子トイレで待ち合わせ』において「みかんBOOKSの人々」と題し、短編5話が描かれた。
unimate(ウニメイト)
COMIC うまのほね電気街店の隣りに店舗を構える書店。ソムリエ会や運動会などもなく、気軽にコミカに参加できない等、勤務の様子はうまのほねとは異なっている。本誌2014年7月号・8月号および短編集『屋上に咲く花』において「ウニメイトの王子様」と題し、ウニメイトで職場体験をすることになった女子高生・ひめとウニメイト店員・王子との物語が描かれた。

書誌情報[編集]

本編
タイトル 発売日 初版発行日 ISBN 表紙
1 デンキ街の本屋さん 1 2011年11月12日[10] 2011年11月30日 ISBN 978-4-8401-4063-8 ひおたん
2 デンキ街の本屋さん 2 2012年4月23日[11] 2012年4月30日 ISBN 978-4-8401-4458-2 先生
3 デンキ街の本屋さん 3 2012年8月23日[12] 2012年8月30日 ISBN 978-4-8401-4713-2 腐ガール
4 デンキ街の本屋さん 4 2013年1月23日[13] 2013年1月31日 ISBN 978-4-8401-4787-3 ひおたん
5 デンキ街の本屋さん 5 2013年7月23日[14] 2013年7月31日 ISBN 978-4-8401-5089-7 先生
6 デンキ街の本屋さん 6 2013年12月21日[15] 2013年12月31日 ISBN 978-4-8401-5089-7 腐ガール
7 デンキ街の本屋さん 7 2014年5月23日[16] 2014年5月31日 ISBN 978-4-04-066559-7 カメ子
8 デンキ街の本屋さん 8 2014年9月23日[17][18] 2014年9月30日 ISBN 978-4-04-066858-1 先生
デンキ街の本屋さん 8.5 ガイドブック ISBN 978-4-04-066859-8 ひおたん
9 デンキ街の本屋さん 9 2015年2月23日[19] 2015年2月28日 ISBN 978-4-04-067265-6 腐ガール、ソムリエ
10 デンキ街の本屋さん 10 2015年7月23日[20] 2015年7月23日 ISBN 978-4-04-067558-9 ひおたん
短編集
タイトル 発売日 初版発行日 ISBN 備考
宮田書店へようこそ! 2012年8月23日[21] 2012年8月30日 ISBN 978-4-8401-4714-9 『デンキ街の本屋さん』外伝「みかんBOOKSの場合」を含む
7編を収録した短編集
男子トイレで待ち合わせ 2014年10月23日[22][23] 2014年10月31日 ISBN 978-4-04-066886-4 『デンキ街の本屋さん』外伝「みかんBOOKSの人々」を含む
6編を収録した短編集
屋上に咲く花 ISBN 978-4-04-066885-7 『デンキ街の本屋さん』外伝「ウニメイトの王子様」を含む
5編を収録した短編集

ドラマCD[編集]

HOBiRECORDSから2013年8月5日コミックとらのあな限定で発売[24]

  • 「デンキ街の本屋さんドラマCD〜うまのほねの人々〜」
収録内容
第1話「ラブ&エロス フォー オール」
第2話「胸の旅人」
第3話「アルバムに残らない今日」
第4話「シークレットパラダイス」

脚本は第2話を水あさとが、それ以外を日暮茶坊が担当している。また、CDジャケットは水あさとが書き下ろした。

テレビアニメ[編集]

2014年5月にアニメ化が発表され、2014年10月より12月まで放送された。

テレビアニメの放送を記念して2014年10月には求人情報サイト「バイトル」とのタイアップ企画が行われ、特設サイトにはコミック うまのほねの求人広告が掲載されている[25]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「齧りかけの林檎」(第1話 - 第11話)
作詞 - 藤林聖子 / 作曲 - 筒美京平 / 編曲 - 小林俊太郎 / 歌 - 竹達彩奈
第12話では不使用。
エンディングテーマ「two-Dimension's Love」
作詞 - 水あさと / 作曲 - 石井伸昂 / 編曲 - 梅堀淳 / 歌 - denk!girls(高森奈津美津田美波、竹達彩奈、相沢舞
第12話ではCパートの前にFull Versionがそのまま流され、全12回の間で参加したスタッフ全員がクレジットされた。
挿入歌
「うまのほねCMソング」(第1話)
作詞 - 佐藤まさふみ / 作曲・編曲 - 高木洋 / 歌 - デンキ街ヤングメイツ
「いつかもどる季節」(第11話)
作詞 - 佐藤まさふみ / 作曲・編曲 - 高木洋 / 歌 - 小林ゆう
「コミックうまのほね社歌」(第12話)
作詞 - 水あさと / 作曲 - 佐藤まさふみ / 歌 - 店長(川原慶久

各話リスト[編集]

太字は公式サイト表記のメインサブタイトル。

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 プロップデザイン エンドカード 原作話
第1話 A ラブ&エロス フォー オール ふでやすかずゆき 佐藤まさふみ 野田康行 松浦仁美、佐藤由紀
石井智美、山下晃
Tiv #01、#02
B ナイトメア ビフォア カルナバル #03
第2話 A Deep Deep Night 大下丈人 布施康之 茂木琢次
曽々木安恵
- はしもとしん #06
B デンキ街は燃えているか #04、#17
第3話 A Party Hard 井上美緒 福田道生 玉田博 小澤円
北村友幸
山下晃 kona #07
B ひおたんよ家に帰れ エクストラ2
C エンドレス・カルナバル #08
第4話 A キングオブPOP 森脇真琴 稲垣隆行 安藤貴史 川島尚
小倉典子
小澤理彦、矢吹英子
小川麻衣
晴瀬ひろき #05
B chocolate panic #09
第5話 A 春にパンチラ 江夏由結 金井景子 渡辺健一郎 松浦仁美 安貴百合 桜沢いづみ #11
B I am Rain #13
C ざわめき #12
第6話 A 宿はなし 菱田正和 吉川浩司 杉山了蔵 濱本愛果
山下晃
熊ジェット #14
B Secret Paradise #14.5
第7話 A いざ銭湯へ…… 井上美緒 島津裕行 松田清 鳥山冬美
鷲田敏弥
- 加藤和恵 #15
B 胸がいっぱい #16
第8話 A 眠る人 森脇真琴 渡辺健一郎 柴田志朗
鶴田愛
佐藤由紀、石井智美
永野千絵、佐久間梓
ヤスダスズヒト #20
B I am Rain 2 オリジナル
C ラフさりげなく #32
第9話 A Koijanaino 江夏由結 福田道生 玉田博 村長由紀
櫻井拓郎
杉山了蔵
鳥山冬美
小澤理彦、石井智美
岡崎あずさ
伊東ライフ #18
B やあ、調子はどうだい #18.5
C 雪の降る夜 #19
第10話 A ワンダフル・チョコレート 井上美緒 金井景子 布施康之 松浦仁美
安田周平
- すめらぎ琥珀 #22
B chocolate philosophy #23
C 飴色の部屋 #24
D 眠れぬ夜につかまえた #28
第11話 A 小さな頃から ふでやすかずゆき 稲垣隆行 上原秀明 窪敏
桜井木ノ実
小澤理彦
茂木琢次
小林ゆう #29
B 暴かれた生活 エクストラ4
C 唇のソレ #25
第12話 A 隠者の書庫 佐藤まさふみ 小川麻衣 - 水あさと エクストラ3、#27
B 桜が咲いたら #26
C Welcoming morning #30.5

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[26]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域・備考 [27]
2014年10月2日 - 12月18日 木曜 22:30 - 23:00 TOKYO MX 東京都
2014年10月4日 - 12月20日 土曜 23:00 - 23:30 BS11 日本全域 / 『ANIME+』枠
2014年10月8日 - 水曜 21:00 - 21:30 AT-X 日本全域 / リピート放送あり
日本国内 インターネット放送 / 放送期間および放送時間[28]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域・備考
2014年10月6日 - 月曜 0:00 - 0:30(日曜深夜) ニコニコ生放送 日本全域
月曜 0:30(日曜深夜) 更新 ニコニコチャンネル 日本全域
月曜 12:00 更新 dアニメストア 日本全域 / 見放題サービス利用者は全話見放題

関連商品[編集]

BD / DVD[編集]

発売日 収録話 規格品番
BD DVD
1 2014年12月24日 第1話 - 第2話 PCXG-50441 PCBG-52581
2 2015年1月30日 第3話 - 第4話 PCXG-50442 PCBG-52582
3 2015年2月27日 第5話 - 第6話 PCXG-50443 PCBG-52583
4 2015年3月18日 第7話 - 第8話 PCXG-50444 PCBG-52584
5 2015年4月15日 第9話 - 第10話 PCXG-50445 PCBG-52585
6 2015年5月20日 第11話 - 第12話 PCXG-50446 PCBG-52586

CD[編集]

発売日 タイトル 規格品番
2014年10月15日 齧りかけの林檎 PCCG-1427(初回限定盤)
PCCG-70222(通常盤)
2014年10月29日 two-Dimension's Love PCCG-70228
2014年12月3日 DENK!SONGS1 PCCG-01444
2014年12月17日 DENK!SONGS2 PCCG-01445
2015年3月18日 デンキ街の本屋さん オリジナルサウンドトラック PCCG-01470

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 先生が目標とする人気漫画家。暫くは名前のみの登場だったが#58にて素顔が明らかになった。
  2. ^ 腐ガールのニックネームはいわゆる腐女子が由来ではなく、ゾンビ好きであることから[7]
  3. ^ 4巻において海雄のあだ名を決めるべく会議が開かれ、海雄が昔つけられていたあだ名である「シーマン」が決定したが、全く浸透しなかった。
  4. ^ 正式名称は「コミックカルナバル」。作品内において日本最大の同人イベントで夏と冬に開催される。

出典[編集]

  1. ^ a b 水あさと、コミック専門書店員描く新連載がフラッパーで”. コミックナタリー (2011年6月4日). 2012年11月11日閲覧。
  2. ^ エディターレビュー「一見地味な世界で飛び回る、元気なキャラクターたちのお話」”. ダ・ヴィンチ電子ナビ (2012年9月2日). 2012年11月11日閲覧。
  3. ^ 水あさと デンキ街の本屋さん(1) 「デンキ街のディープで楽しい本屋の毎日」”. アキバBlog (2011年11月23日). 2012年11月11日閲覧。
  4. ^ 8/5(月)ドラマCD『デンキ街の本屋さん』発売です!/水あさと”. アライ部ブログ. メディアファクトリー. 2013年10月14日閲覧。
  5. ^ a b 電器街的漫畫店(1)”. 長鴻出版社. 2013年12月26日閲覧。
  6. ^ 「デンキ街の本屋さん」アニメ化決定!2014年秋から放送”. コミックナタリー. 2014年5月1日閲覧。
  7. ^ 水あさと (w, p, i). "ショップ・オブ・ザ・デッド" デンキ街の本屋さん vol. 1, #1 p.21/1コマ (2011年11月12日), メディアファクトリー)
  8. ^ 『デンキ街の本屋さん 8.5 ガイドブック』.KADOKAWA(2014年9月23日刊行). ISBN 978-4-04-066859-8、p.114、p.115.
  9. ^ コミックフラッパー7月号 デンキ街の本屋さん番外編「みかんBOOKS編ですよ!!」”. アキバBlog (2012年6月6日). 2012年11月16日閲覧。
  10. ^ デンキ街の本屋さん 1”. メディアファクトリー. 2013年12月26日閲覧。
  11. ^ デンキ街の本屋さん 2”. メディアファクトリー. 2013年12月26日閲覧。
  12. ^ デンキ街の本屋さん 3”. メディアファクトリー. 2013年12月26日閲覧。
  13. ^ デンキ街の本屋さん 4”. メディアファクトリー. 2013年12月26日閲覧。
  14. ^ デンキ街の本屋さん 5”. メディアファクトリー. 2013年12月26日閲覧。
  15. ^ デンキ街の本屋さん 6”. メディアファクトリー. 2013年12月26日閲覧。
  16. ^ デンキ街の本屋さん 7”. メディアファクトリー. 2014年5月24日閲覧。
  17. ^ デンキ街の本屋さん 8”. メディアファクトリー. 2014年9月24日閲覧。
  18. ^ デンキ街の本屋さん 8.5”. メディアファクトリー. 2014年10月21日閲覧。
  19. ^ デンキ街の本屋さん 9”. メディアファクトリー. 2015年7月15日閲覧。
  20. ^ デンキ街の本屋さん 10”. メディアファクトリー. 2015年11月15日閲覧。
  21. ^ 宮田書店へようこそ! 水あさと短編集”. メディアファクトリー. 2012年11月10日閲覧。
  22. ^ 男子トイレで待ち合わせ”. メディアファクトリー. 2014年10月26日閲覧。
  23. ^ 屋上に咲く花”. メディアファクトリー. 2014年10月26日閲覧。
  24. ^ 「デンキ街の本屋さんドラマCD」が発売決定!”. コミックとらのあな. 2013年10月15日閲覧。
  25. ^ バイトル×デンキ街の本屋さん 特設サイト”. バイトル. 2014年10月6日閲覧。
  26. ^ デンキ街の本屋さん 公式ホームページ”. 2014年10月5日閲覧。
  27. ^ テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会「通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方」. 公正取引員会. p. 2 (2009年10月9日). 2015年8月31日閲覧。 基幹放送普及計画”. 2015年8月31日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会 (Dpa). 2015年8月31日閲覧。
  28. ^ デンキ街の本屋さん 公式ホームページ”. 2014年10月5日閲覧。

外部リンク[編集]