ザ☆ドラえもんズ ムシムシぴょんぴょん大作戦!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ☆ドラえもんズ ムシムシぴょんぴょん大作戦!
監督 米谷良知
脚本 米谷良知、寺田憲史
製作 シンエイ動画
小学館
テレビ朝日
出演者 桜井敏治
川上とも子
横山智佐
音楽 宮崎慎二
編集 岡安肇岡安プロモーション
配給 東宝
公開 1998年3月7日
上映時間 16分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 ザ☆ドラえもんズ 怪盗ドラパン謎の挑戦状!
次作 ザ☆ドラえもんズ おかしなお菓子なオカシナナ?
テンプレートを表示

ザ☆ドラえもんズ ムシムシぴょんぴょん大作戦!』(ザ ドラえもんズ ムシムシぴょんぴょんだいさくせん!)は、1998年に『ドラえもん のび太の南海大冒険』、『帰ってきたドラえもん』と同時に公開された日本のアニメ映画である。

概要[編集]

本作は『2112年 ドラえもん誕生』の番外編にあたり、ドラえもんズのロボット学校在籍時のストーリーとなっている。そのため、本作のドラえもんは黄色い姿で登場する他、親友テレカが映画作品で初めて未使用となった。

前2作と同様、本作でもひみつ道具がほとんど使用されない状況下でストーリーが展開されていく。

この年から感動中編を加えた3本立てになったことから、前作(30分)と比べ時間が(16分)に半減し、その関係で内容も本作からドタバタ色が強くなっている。

あらすじ[編集]

ロボット学校の卒業を控えた修学旅行を楽しんでいたザ・ドラえもんズ

しかし最終日、校長から「ムシロボットと2人1組で日没までに学校に辿り着く」という卒業試験を発表される。しかも秘密道具は使用禁止で、失格者は落第。

ドラえもんズら、ロボット学校の生徒達は大慌てでムシロボットを選び、学校を目指すが、いつもマイペースなドラニコフが選んだのは、のんびりしたヤゴロボット。クラスメートのモモ達にからかわれつつ、仲間たちの危機を通りすがりに救いながらも、まったりと進んでいたが・・・。

声の出演[編集]

  • ドラニコフ
- 桜井敏治
本作の主役。のんびりした性格のため、ヤゴロボとペアを組む。
  • ヤゴロボット→トンボロボット
声 - 田村ゆかり
本作のもう一匹の主役で、ヤゴ型ロボット。ドラニコフとコンビを組む。ヤゴなので川を泳いで進むのだが、流れていく丸太よりも遅い。クモロボに捕らわれたドラえもん・キッド・ドラメッド、渦潮に巻き込まれたマタドーラ・王ドラ・ドラリーニョを助けた。タガメロボ撃退後は、非常に速いスピードで飛ぶトンボ型ロボットに成長していった。
  • モモ
声 - 川上とも子
本作のヒロイン的な存在。ドラえもんズのロボット学校の同級生で、女子高生風のロボット。アメンボロボットとペアを組んでいる。
最初はドラニコフの事を馬鹿にしていたが、タガメロボ達に果敢に挑む姿を見て、考えを改める。EDでは彼にキスした。
  • ドラ・ザ・キッド
声 - 難波圭一
高い所が苦手だがスピードを優先してミツバチロボットとペアを組む。途中で食事をして、学校のことを忘れて遅れてしまう。EDの卒業試験を合格した祝いにおいても、相変わらず食事をしていた。
  • 王ドラ
声 - 林原めぐみ
ジャンプ力があるバッタロボットとペアを組む。昼寝をしているエル・マタドーラを抜くが油断したため、ジャンプしすぎて飛行機にぶつかってしまい、結局遅れてしまう。
  • エル・マタドーラ
声 - 中尾隆聖
自分と同じパワーが高いカブトムシロボットとペアを組む。リードしたため油断をし、ゴール手前でシエスタしてしまい、他のメンバー共々遅れてしまう。
  • ドラメッド三世
声 - 佐藤正治
テントウムシロボットとペアを組む。テントウムシロボットは回転しながら動くため、目を回してしまいなかなか学校に到着しない。
  • ドラリーニョ
声 - 鈴木みえ
ダンゴムシロボットとペアを組む。スピード違反で検挙されてしまったため、ゆっくりと学校に到着した。
声 - 横山智佐
モンシロチョウロボットとペアを組む。『2112年 ドラえもん誕生』以来、3年ぶりに黄色い姿で登場。最後の出演作でもある。
持ち前の性能の悪さが災いし、砂漠北極など道に迷ってしまう。
  • 寺尾台校長
声 - 永井一郎
修学旅行最終日に生徒達に不意打ちで卒業試験を課して大いに慌てさせる。一方で最後はモモ達を助け、捕まったドラニコフを助けに行った為に制限時間に間に合わなかったドラえもんズを特別に合格させた(自身の禿頭を擦って輝かせ、疑似的に日中に到着した扱いとした)。
  • クモロボ
声 - 大友龍三郎
ドラえもん・キッド・ドラメッドを捕獲していたクモ型ロボット。オカマ口調をしている。
クモの巣で3人を拘束してドラえもんにキスをしていたが、ドラニコフにクモの巣を破られ逃げられてしまい、その後降雨を察知して退却した。
  • タガメロボ
声 - 緑川光岩永哲哉
本作の悪役で、3匹のタガメ不良ロボット達。モモたちをナンパし、強引に迫る。「〜じゃん」が口癖。映画ではキッド・マタドーラ・王ドラ・ドラリーニョの総攻撃で倒されたが、漫画ではドラえもんズ全員によって倒されている。
  • 警官
声 - 柳沢栄治
ドラリーニョとダンゴムシロボットをスピード違反をしたとして検挙した。
  • 女子ロボット
声 - 永島由子雪乃五月
モモと一緒にいる女子高生風ロボット。アメンボロボットとペアを組んでいる。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • 「君にいてほしい」
作詞・作曲・編曲 - 高見沢俊彦、歌 - 神崎ゆう子
元々はミュージカル『ドラえもんミュージカル のび太の恐竜』のテーマソング及びゲーム『ドラえもん 友情伝説ザ・ドラえもんズ』のエンディングテーマとして使われていた曲。

補足[編集]

  • 2112年 ドラえもん誕生』に登場したキャラがゲスト出演している(ノラミャー子、スネ吉、ジャイベエなど)。
  • TVスペシャルでは、ドラミを司会とする『主役オーディション』にてドラニコフが選ばれる形となっている。
  • 本編中のワンシーンには、前作の怪盗ドラパンが出演している。ちなみに本作は前作より過去の出来事に当たる。
  • 通常の作品のキャストクレジットは(現在の青い)ドラえもん役の大山のぶ代が最後であるが、本作に登場する黄色いドラえもん役の横山智佐は他のドラえもんズ6人に次ぐ7番目であり、寺尾台校長役の永井一郎がトメとなっている。
  • ラストシーンでドラえもんズが空から落下してくる際にこきざみに流れる曲は『魔女の宅急便』のBGMの一つである「晴れた日に・・・」に酷似している。
  • 公開前に「ドラえもん」内で放映された予告編では、タイトルのバックで激しい点滅が用いられていた。公開後にリリースされたビデオでは点滅シーンはなくなり黒バックにタイトルが表示されている(ポケモンショックの影響と思われる)。

受賞歴[編集]