少年期 (武田鉄矢の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
少年期
武田鉄矢シングル
初出アルバム『風に聞いた話
B面 夢は荒野を
リリース
ジャンル フォークソング
アニメソング
レーベル ポリドール・レコード
作詞・作曲 武田鉄矢(作詞)
佐孝康夫(作曲)
チャート最高順位
武田鉄矢 シングル 年表
如月の風の中で
1985年
少年期
(1985年)
コスモス
(1985年)
風に聞いた話 収録曲
勇者は語らず
(7)
少年期
(8)
夢は荒野を
(9)
テンプレートを表示

少年期」(しょうねんき)は、武田鉄矢の3枚目のシングル。1985年3月1日ポリドール・レコードから発売された。

概要[編集]

1985年3月に公開された映画『ドラえもん のび太の宇宙小戦争』の主題歌。本曲は、映画第1作『ドラえもん のび太の恐竜』より主題歌の作詞を手掛けてきた武田自身が歌唱した初めての楽曲であり[注釈 1]、ドラえもん映画の楽曲の中で、小学館発行の『ぼく、ドラえもん』第7号で読者が選ぶ「ドラデミー大賞」主題歌賞に選ばれているなど評価が高く、武田にとってもドラえもん映画の主題歌の中で一番気に入っている曲である[1]

映画でエンディングテーマで流れる他、劇中で登場人物がギターを弾きながら「少年期」を唄うシーンがあるが、歌の出だしの部分が劇場版とビデオDVD版とで異なっている[注釈 2]

テレビアニメ版でも、第1772話「ためしに さようなら」(2004年10月1日放送)で流されている。

収録曲[編集]

  1. 少年期
    作曲:佐孝康夫
  2. 夢は荒野を
    作曲:中牟田俊男

収録アルバム[編集]

武田鉄矢のアルバム
  • 風に聞いた話(1985年)
  • 遠い幻燈(1986年)
  • 武田鉄矢全曲集(1988年)
  • TETSUYA TAKEDA BEST SELECTION(1990年)
『ドラえもん』のコンピレーション・アルバム
  • 雲がゆくのは(1992年)
  • ドラえもん映画主題歌集(1995年)
  • 映画ドラえもん25周年 ドラえもん映画主題歌篇(2004年)
  • ドラえもん 映画主題歌集+挿入歌(2010年)

「少年期」のカバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 第5作の主題歌「風のマジカル」は湯川れい子が作詞を手掛けている。ただし、ソフト版では武田が作詞を手掛けた「だからみんなで」(第3作の主題歌)に差し替えられている。このため、実質的には第17作までのすべての作品で、武田が作詞を手掛けた曲がエンディングで使用されている。
  2. ^ 当時の劇場版はギターのみの音から演奏が始まり、途中から「少年期」へと変化していくが、ビデオDVD版ではステレオ化の為レコード用音源に差し替えられているため、登場人物が演奏するギターからフルートの音が一緒に聞こえてくる

出典[編集]

  1. ^ 藤子・F・不二雄大全集『大長編ドラえもん』第2巻