廣瀬健次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
廣瀬 健次郎
生誕 (1929-11-05) 1929年11月5日
出身地 日本の旗 日本 兵庫県
死没 (1999-03-17) 1999年3月17日(69歳没)
学歴 慶應義塾大学法学部
職業 作曲家

廣瀬 健次郎(ひろせ・けんじろう、1929年11月5日 - 1999年3月17日)は、日本作曲家

人物[編集]

兵庫県出身。慶應義塾大学法学部在学中から音楽活動を始め、主に東宝映画の劇伴音楽を中心に作曲家として数々の作品を世に送り出す。

1957年から1990年までに手掛けた映画音楽は約200本に及ぶ。

1960年代に入ってからはテレビに進出、バラエティ番組の劇伴音楽を皮切りにテレビドラマやアニメーションの劇伴音楽や主題歌を多く手掛けている。

1969年に自らの音楽事務所『現代制作』を設立、甲斐正人など後進を育てた[1]

またフジテレビ夜のヒットスタジオ』でのアレンジ、編曲を長年に渡り担当し1995年以降は音楽監修という肩書きに留まっていた。

夜ヒットのプロデューサーだった疋田拓が担当する他の番組にも必ずといっていいほど音楽編曲で関わっていた。

バーニングプロダクションのプロデューサー 平野昌一のブレーンスタッフでもあった。

「オバケのQ太郎」で日本レコード大賞(童謡賞、第8回)を受賞している。

別名として広瀬文雄、三宅広次。ジャスラックの登録名は広瀬健次郎。

主な作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビバラエティ番組[編集]

音楽番組・特別番組[編集]

アニメーション・特撮[編集]

コンサート[編集]

  • 1953年7月「日劇レビュー ティーンエージャージャズ」(編曲担当)その後、日劇の常連スタッフとなる。
  • 小泉今日子「シング・シング・シングルズ」(1990年、バーニングプロダクション)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]