ネオアコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ネオアコとは、ポスト・パンクの流れから派生した音楽ジャンルスタイルのひとつ。ネオ・アコースティック (neo acoustic) の略称。なおネオアコ(ネオ・アコースティックも含む)と言う言葉自体は和製英語であり、欧米では通用しない言葉である。

概要:歴史[編集]

1980年代初頭、イギリスのチェリー・レッド、ラフ・トレード、ポストカード、ベルギークレプスキュールといったレーベルから、「パンク以降」を感じさせる新しい感覚のアコースティック・サウンドを奏でるアーティストが登場した。「ネオ・アコースティック」という呼称は、これらのアーティストまたはムーブメントに対して、日本の評論家やレコード会社が名付けたのが始まりとされる。。

呼称の由来として、当時パンク以降に登場した様々な音楽スタイルに対して「ネオ○○」というジャンル名が与えられていたことが背景にある(ネオ・サイケ、ネオ・モッズなど)。この場合の「ネオ」はポスト・パンクに近い意味合いであると思われ、音楽業界において「パンクが旧来の価値観を破壊した」という認識のもと、旧来の音楽スタイルと区別する意味で使われたものである。

1980年代半ば頃まで、ネオアコはイギリスおよび日本の”少数の”リスナーに一定の人気を保っていた。1983年から1985年にかけては、アルバムが発表されるが、当時の日本においてネオアコのファンは、あくまで一部の洋楽リスナーに限定されていたと言っていいだろう。日本ではネオアコとされたオレンジ・ジュースだが、彼らの曲「リップ・イット・アップ」[1]はシックなどの影響を受けたダンサブルな曲だった。音楽的には、ニール・ヤング、ボブ・ディラン、バーズをはじめとする1960年代、70年代のアメリカ、イギリスのフォーク、フォーク・ロックとは異なり、アコースティック楽器を中心としているが、「青臭く」て大人の視点が欠落した透明感のあるサウンドを特徴とする。1980年代半ば以降は、アーティストの音楽性が洗練されていった影響もあり、この動きは一時下火となっていた。

1989年、日本でネオアコから多大な音楽的影響を受けたフリッパーズ・ギターがメジャー・デビューしTVドラマの主題歌に使われた「恋とマシンガン」ブレイクを果たすと、その後彼らが影響を受けたネオアコのアーティスト達を様々な媒体で紹介した事や、また彼らが導火線となったとされる渋谷系の勃興も相まって、1990年代初頭にネオアコの人気が盛り上がり、多くの新しいファンを獲得した。

代表的なミュージシャン[編集]

イギリス[編集]

80年代[編集]

90年代以降[編集]

オーストラリア[編集]

ギリシャ[編集]

日本[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.discogs.com/ja/Orange-Juice-Rip-It-Up/.../220713
  2. ^ BRIDGE INTERVIEW 2017”. ポプシクリップ。 (2017年4月23日). 2018年1月10日閲覧。
  3. ^ b-flower”. OTOTOY. 2018年1月10日閲覧。
  4. ^ PENNY ARCADE / A GIRL FROM PENNY ARCADE”. KiliKiliVilla (2016年2月16日). 2018年1月10日閲覧。
  5. ^ Debonaire未発表音源集『Lost And Found』先行予約受付開始。”. KiliKiliVilla (2017年9月12日). 2018年1月10日閲覧。

外部リンク[編集]