モノクローム・セット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
モノクローム・セット
The Monochrome Set 01.jpg
「The Monochrome Set」 2016年 ドイツ「Club W71」にて
基本情報
別名 ザ・モノクローム・セット
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル ポストパンク
ニュー・ウェイヴ
ネオ・アコースティック
ギターポップ
活動期間 1978年 - 1985年
1990年 - 1998年
2008年 -
レーベル ラフ・トレード、ディン・ディスク、チェリーレッドブランコ・イ・ネグロワーナー・ブラザース
共同作業者 (A&R など)
マイク・オールウェイ[1]
(関連バンド)
アダム&ジ・アンツ
ウッド・ビィ・グッズ
インヴィジブル
スカーレッツ・ウェル
公式サイト The Official Monochrome Set Site
メンバー ビド
アンディー・ウォーレン
Mike Urban
John Paul Moran
旧メンバー レスター・スクエア
J.D.ヘイニー
トニー・ポッツ
Jeremy Harrington
Philip Morris
レキシントン・クレイン
Orson Presence
キャリー・ブース
ニコラス・ウェロソフスキ
ジェイムス・フォスター
Jennifer Denitto
Steve Brummel

モノクローム・セット(The Monochrome set) は、イギリスロックニュー・ウェーヴ・バンド。 1979年に、ロンドンインディーズレーベル、ラフ・トレード[2]からデビューした。

概要[編集]

旧世代を否定する空気であった1970年代後半のパンク・ロック・ムーブメントの時代にも、英国ポップスの伝統を受け継ぎ、ねじれたセンスで軽妙洒脱な楽曲群を生んだ[3]。 のちにネオ・アコースティックギターポップの元祖の一つとして位置付けられるようになるが、サイケ映画サントラエスニック(リーダーのビド(Bid)はインドとアメリカのハーフ)など、様々なジャンルを吸収した一筋縄ではいかないロック・サウンドを展開している[4]

アンディー・ウォーホルは彼等のスタイルについて「ベンチャーズヴェルヴェット・アンダーグラウンドを足して2で割った様」だと評した[1]。 また、"Monochrome set"とは白黒テレビを意味する[1]

歴史[編集]

結成は1978年であり、紆余曲折を経て1979年に以下のメンバーに至った。 B-サイズ(後のアダム&ジ・アンツ)に在籍していたビド(vo)(Bid)、レスター・スクェア(g)(Lester Square)、アンディー・ウォーレン(b)(Andy Warren)の3人と、元アート・アタックスのJ.D.ヘイニー(ds)(J.D.Haney)、トニー・ポッツ(Film)(Tony Potts)が初期(最盛期)の主なメンバーである[1]

1979年に、3枚のシングルを立て続けにリリース。 1980年には、ヴァージン・レコード系のディン・ディスクから、ボブ・サージェントによるプロデュースで1stアルバム『Strange Boutique』を発表し、アルバム・チャートの62位を記録した。さらに、彼らのフォローアップの努力で2ndアルバム『Love Zombies』は、アルヴィン・クラークと当バンドにより同年後半にプロデュースされた。ヘイニーは1981年にバンドを去り、レキシントン・クレインに交代した。

1982年、バンドはチェリーレッド・レコードにレーベルを切り替えて、ティム・ハートによるプロデュースで3rdアルバム『Eligible Bachelors』をリリースした[5]。スクエアとクレインは直後に脱退し、キーボードのキャリー・ブースとドラマーのニコラス・ヴェロソフスキに交代した。 このラインナップは、ブースが新リード・ギタリストのジェームス・フォスター(後にDavid Devant&His Spirit Wife)に順番に代わる前、チェリー・レッドのための 1982年シングル "Cast a Long Shadow" を録音した。

1983年、チェリー・レッドは、初期のラフ・トレードでのシングル、BBCとCapital Radioのセッション、未発表の初期セッションを含む回顧録『Volume, Contrast, Brilliance ...』をリリースした。

1985年、"Cast a Long Shadow"と同じメンバーで、ワーナー・ブラザース傘下のブランコ・イ・ネグロのための『The Lost Weekend』を録音した。が、このアルバムは商業的には失敗し、数枚のシングルを経て、レーベルの閉鎖とともに、バンドは公式に解散となった。 結局、彼らの所属レーベルは、ラフ・トレード(Rough Trade)、ディン・ディスク(Din Disc)、プレ(Pre)、チェリー・レッド(Cherry Red)、ブランコ・イ・ネグロ(Blanco y Negro)と転々としていた。

解散後ビドはソロ活動を行いラジ・カルテットと名乗りシングルもリリースした。 レスターはJesus Couldn't Drumのアルバム"Good Monornin' Lester Square"に参加したり、インヴィジブル(The Invisible) を結成した。 メンバーだった数名はウッド・ビィ・グッズ(Would be goods) のデビュー・アルバムのバックでも参加した。

1990年には再結成し、初来日(1990年7月)も果たした[1]。 その後も再来日した(川崎チッタでは丁度、節分の時期であったことから、麦わら帽子をかぶったスクエアがステージで豆まきをおこなった)。1998年まで活動し、二度目の解散。2008年に再々結成し、三度目の活動を続けている。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  • Alphaville (1979年) Rough Trade ‐ アメリカ版のシングルはI.R.S.よりリリースされジャケットが異なっている ‐ バーコードが鉄格子のようにデフォルメされ、向こう側に人が居る。
  • Eine Symphonie Des Grauens (1979年) Rough Trade
  • The Monochorome Set (1979年) Rough Trade ‐ アルバムの同曲はAdam&The Antsバリのドコドコとしたサウンドになっている。
  • He's Frank (Slight Return) (1980年) Rough Trade
  • Strange Boutique (1980年) Din Disc
  • 405 Lines (1980年) Din Disc
  • Apocalypso (1980年) Din Disc
  • Ten Don't for honeymooners (1981年) Pre
  • The mating game (1982年) Cherry Red
  • Cast a long shadow (1982年) Cherry Red
  • Jet set Junta (1983年) Cherry Red
  • Jacob's ladder (1985年) Blanco y negro ‐ 7インチ、12インチ。
  • Wallflower (1985年) Blanco y negro ‐ 7インチ、12インチ。

(解散)

アルバム[編集]

  • Strange Boutique (1980年) Din Disc
  • Love Zombies (1980年) Din Disc
  • Eligible bachelors (1982年) Cherry Red ‐ 日本版(邦題:カラフル・モノトーン)はジャケット・デザインが異なる。
  • Volume, Contrast, Brilliance... (1983年) Cherry Red ‐ コンピレーション・アルバム。
  • Lost Weekend (1985年) Blanco y negro

(解散)

  • Fin! (1986年) Cherry Red ‐ ライブ・アルバム。
  • Westminster Affair (1988年) Cherry Red ‐ コンピレーション・アルバム。

(再結成)

  • Dante's Casino (1990年) Vinyl Japan
  • Jack (1990年) Honeymoon
  • What A Whopper (1991年) Cherry Red ‐ コンピレーション・アルバム。
  • The Good Life (1992年) Cherry Red ‐ 中身はFin!と同一。
  • Colour Transmission (1993年) Din Disc ‐ アルバムStrange BputiqueとLove Zombiesが1CDに。
  • Charade (1993年) Cherry Red
  • Misere (1994年) Cherry Red
  • Black & White Minstrels (1995年) Cherry Red ‐ デビュー前の初期の作品を含むコンピ。
  • Tomorrow Will Be Too Long (1995年) Din Disc ‐ Colour Transmissionのジャケ違い。
  • Trinity Road (1995年) Cherry Red
  • Platinum Coils (2012年) Rough Trade

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 大谷英之編『80'sギター・ポップ・ディスク・ガイド』シンコーミュージック・エンタテイメント〈シンコー・ミュージック・ムック CROSSBEAT Presents〉、2013年12月1日、84‐89頁。ISBN 978-4-401-63917-5
  • 大鷹俊一監修『ミュージック・マガジン4月増刊号 ブリット・ポップへの道』ミュージック・マガジン〈CD BEST 100〉、1997年4月25日、138頁。T 1108480041205

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

The Official Monochrome Set Site