囃子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

囃子(はやし)は、四拍子(大鼓小鼓太鼓)でもって、をはやしたてること[1]。謡に舞人なしで四拍子のみを用いるものを番囃子と言い、舞う部分に舞人なしで行う番囃子を居囃子と言う。ある部分に所作や舞いを加えたものを舞囃子と言う。囃子にはほかに祭で使われる「祭囃子」、寄席落語において使われる「寄席囃子」、長唄の舞台にて使われる囃子がある。楽器の構成は能の囃子とは異なるものもある。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『謡曲と能楽通』(通叢書 ; 第32巻) / 横井春野著 (四六書院, 1930)