おっつけ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

おっつけ(追っ付け、押っ付け)とは、相撲の技術のひとつである。

相手の差し手を封じるために、相手が差しにきたり突っ張ったりした時に、自分のを自分の脇に押し付け(「おっつけ」の名はここに由来している)、手は相手の肘に外側から当てがってしぼり上げる[1]。ただし決まり手にはならない。そのまま前進して相手の肘やを極めることにより、相手の重心を浮き上がらせることも可能。[2]おっつける側に足を十分に入れ、低くおっつけないと効果は薄い。攻守ともに威力があり、相撲技の中でも最も重要な技のひとつ[1]

大正時代の横綱栃木山左利きであったが、猛稽古で右の腕力も鍛えて、左ハズ押し右おっつけの型になれば大盤石であった。

昭和では大関清國のおっつけが有名。平成に入ってからは横綱3代目若乃花や大関栃東が名手とされていた。

誰かに食事をおごらせるという意味で「おっつける」という単語を使うケースもある。[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『大相撲ジャーナル』2017年8月号特別付録 相撲用語&決まり手図解ハンドブック p2
  2. ^ 大空出版『相撲ファン』vol.3 16頁
  3. ^ 公益財団法人日本相撲協会監修『ハッキヨイ!せきトリくん わくわく大相撲ガイド 寄り切り編』43p