還暦土俵入り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1956年に蔵前国技館で行われた出羽海理事長の還暦土俵入り

還暦土俵入り(かんれきどひょういり)は、相撲において現役時代の最高位が横綱の元力士還暦(60歳)を迎えた際に、「長寿祝い」として行われる特別な横綱土俵入りのことである。

概要[編集]

初例は1937年2月6日、上野精養軒で開催した太刀山。以降、合計で10回行われている。還暦前に死去する元横綱も多く、また存命でも土俵入りを行わないこともあるため、頻度は比較的少ない。開催場所は、日本相撲協会親方として在籍していれば国技館で行うのが慣例。太刀持ち、露払いも、後輩の横綱などが務めることが多い。

還暦土俵入りの場合は特別に赤い綱[1]を制作する(通常の綱は白一色)。なお、化粧廻しの前に垂らす御幣は、白色を基本とするが、2015年に行われた千代の富士の還暦土俵入りでは、紙垂(しで)も綱と同様の赤色に染めて使用した[2][3]。土俵入りを辞退した元横綱でも、赤い綱のみは記念で制作することもある。

還暦土俵入りの一覧[編集]

四股名 年寄名跡 生年月日 還暦を迎えた日 開催年月日 開催地 露払い 太刀持ち 備考
第22代・太刀山峯右エ門 (退職後) 1877年8月15日 1937年8月15日 1937年2月6日 上野精養軒 8代木村瀬平
(前3・太刀ノ海
8代鳴戸
(大関・太刀光
史上初の還暦土俵入り。
太刀持ち・露払い共かつての弟子。
第28代・大錦大五郎 (退職後) 1883年3月22日 1943年3月22日 - 実施せず。綱の作成の有無も不明。
第24代・鳳谷五郎 7代宮城野 1887年4月3日 1947年4月3日 - 実施せず。綱の作成の有無も不明。
第27代・栃木山守也 8代春日野 1892年2月5日 1952年2月5日 1952年5月31日 蔵前仮設国技館 10代藤島
(横綱・安藝ノ海
横綱・羽黒山
第31代・常ノ花寛市 7代出羽海 1896年11月23日 1956年11月23日 1956年6月10日 蔵前国技館 横綱・千代の山 12代時津風
(横綱・双葉山
理事長在任中。
第34代・男女ノ川登三 (退職後) 1903年9月17日 1963年9月17日 - 実施せず。綱の作成の有無も不明。
第37代・安藝ノ海節男 (退職後) 1914年5月30日 1974年5月30日 - 実施せず。綱の作成の有無も不明。
第42代・鏡里喜代治 13代立田川 1923年4月30日 1983年4月30日 - 脳梗塞の後遺症により還暦土俵入りは行わず。
赤い綱は作成。
第44代・栃錦清隆 9代春日野 1925年2月20日 1985年2月20日 1985年5月7日 両国国技館 9代出羽海
(横綱・佐田の山
10代二子山
(横綱・若乃花
理事長在任中。
第45代・若乃花幹士 10代二子山 1928年3月16日 1988年3月16日 1988年4月24日 両国国技館 13代鳴戸
(横綱・隆の里
18代間垣
(横綱・若乃花
理事長在任中。
太刀持ち・露払い共かつての弟子。
第46代・朝潮太郎 5代高砂 1929年11月13日 (還暦前死去) - 赤い綱は作ったものの、還暦前に死去。
第50代・佐田の山晋松 12代境川 1938年2月18日 1998年2月18日 - 理事長時代の騒動の責任を取る形で辞退。
赤い綱は制作。
第49代・栃ノ海晃嘉 10代春日野 1938年3月28日 1998年3月28日 - 現役時代、右上腕の筋肉を断裂した後遺症により断念。
赤い綱は制作。
第48代・大鵬幸喜 一代大鵬 1940年5月29日 2000年5月29日 2000年6月8日 両国国技館 13代九重
(横綱・千代の富士
一代北の湖
(横綱・北の湖
脳梗塞の後遺症により、一部所作[4]のみ披露。
第53代・琴櫻傑將 12代佐渡ヶ嶽 1940年11月26日 2000年11月26日 - 体調不良の理由等により辞退。
赤い綱は制作。
第52代・北の富士勝昭 (退職後) 1942年3月28日 2002年3月28日 2002年2月23日 ホテルイースト21東京 8代八角
(横綱・北勝海
13代九重
(横綱・千代の富士
太刀持ち・露払い共かつての弟子。
第54代・輪島大士 (退職後) 1948年1月11日 2008年1月11日 - 実施せず。綱の作成の有無も不明。
第57代・三重ノ海剛司 14代武蔵川 1948年2月4日 2008年2月4日 2007年6月14日 ホテル・グランパシフィック・メリディアン 前頭9・雅山 前頭10・出島 武蔵川部屋創立25周年パーティーで披露[5]
太刀持ち・露払い共に弟子で当時現役力士、かつ大関経験者。
第56代・若乃花幹士 18代間垣 1953年4月3日 2013年4月3日 - 実施せず。綱の作成の有無も不明。
第55代・北の湖敏満 一代北の湖 1953年5月16日 2013年5月16日 2013年6月9日 両国国技館 一代貴乃花
(横綱・貴乃花
13代九重
(横綱・千代の富士
理事長在任中。
第58代・千代の富士貢 13代九重 1955年6月1日 2015年6月1日 2015年5月31日 両国国技館 横綱・日馬富士 横綱・白鵬
第63代・旭富士正也 9代伊勢ヶ濱 1960年7月6日 2020年7月6日 -
第62代・大乃国康 12代芝田山 1962年10月9日 2022年10月9日 -
第60代・北勝海信芳 8代八角 1963年6月22日 2023年6月22日 -
第61代・双羽黒光司 (退職後) 1963年8月12日 2023年8月12日 -
第64代・曙太郎 (退職後) 1969年5月8日 2029年5月8日 -
第66代・若乃花勝 (退職後) 1971年1月20日 2031年1月20日 -
第67代・武蔵丸光洋 15代武蔵川 1971年5月2日 2031年5月2日 -
第65代・貴乃花光司 一代貴乃花 1972年8月12日 2032年8月12日 -
第68代・朝青龍明徳 (退職後) 1980年9月27日 2040年9月27日 -
第70代・日馬富士公平 (現役) 1984年4月14日 2044年4月14日 -
第69代・白鵬翔 (現役) 1985年3月11日 2045年3月11日 -
第71代・鶴竜力三郎 (現役) 1985年8月10日 2045年8月10日 -
第72代・稀勢の里寛 (現役) 1986年7月3日 2046年7月3日 -
  • 年寄名跡、開催地名称、および露払い・太刀持ちの地位は開催当時のもの。
  • 「一代~」は一代年寄を表す。表内全員が「功績顕著」としての一代年寄である。

脚注[編集]

  1. ^ その綱は「赤綱」と呼ばれるが、これは俗称であって正式なものではない。
  2. ^ 千代の富士(九重)の還暦土俵入り
  3. ^ ウルフ感無量「まんざら、悪くないね」 デイリースポーツ 2015年6月1日記事
  4. ^ 当時四股踏みが不可能だったため、せり上がりの構えと立った状態での柏手のみ行った。
  5. ^ この時は還暦7ヶ月前だったが、武蔵川部屋の記念パーティーに合わせて早めに行った。

関連項目[編集]