式守伊之助 (19代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
現役最晩年の十九代伊之助(1959年)

19代式守伊之助(じゅうきゅうだい しきもりいのすけ、1886年12月15日 - 1966年12月14日)は大相撲立行司である。

経歴・人物[編集]

茨城県那珂郡勝田村(現・ひたちなか市)出身。本名:高橋金太郎。1900年5月場所で初土俵

峰崎部屋友綱部屋立浪部屋と所属が変わっている。17代木村庄之助の弟子で、初土俵時の行司名は木村金吾。その後、3代木村玉治郎、8代木村庄三郎襲名している。

病気療養中に生やしたという白く長いあごひげトレードマーク(そり落とすと体調を崩すことが多かったので、後に相撲協会から公認された)で、ひげの伊之助としても親しまれ,久保田万太郎は「初場所や かの伊之助の 白き髭」と詠んだ。また甲高い声で土俵をさばいたことからカナリヤ行司との異名を取った。

1959年11月場所で引退の際、土俵上で花束を受け取り、土俵を去った。この場所は所属する立浪部屋の新大関で自らスカウトした若羽黒が初優勝した場所で優勝を決めた一番の勝ち名乗りを伊之助が挙げ、震える手で若羽黒に懸賞を授け感動を呼んだ。現役年齢では72歳まで務め、歴代立行司の最高齢記録である(1960年1月場所に停年制実施(65歳で停年)のため、以後この記録は破られない)。

辞めていく伊之助のために博多人形師の小島与一が一尺(30cm強)大の伊之助人形をつくり、伊之助に贈った。福岡にある眞髪神社に伊之助の白い髭を奉納したのもまた話題のひとつになった。引退披露興行が蔵前国技館で行われたのは1960年1月30日だった。

1966年12月14日に逝去。自らの満80歳の誕生日の前日であった。

行司として[編集]

引退直前の1958年九月場所初日、前頭7枚目北の洋 - 横綱栃錦戦で、北の洋が両差しで土俵際まで寄り詰めたところ栃錦が突き落として同時に倒れた。伊之助は栃錦に軍配を上げたが、物言いがつき、検査役の判定で北の洋の勝ちと決した。だが、伊之助は、土俵をたたいて「北の洋の右肘が早く落ちたんだ」と10数分も抗議を続けたため、出場停止処分を受けた(当初は九月場所中出場停止だったが、14日目から再出場した)。伊之助は行司部屋に引き上げてからも「栃関のほうが遅く落ちた。わたしゃ自分の意向にそわぬうちわはあげたくねえ」と涙を流して訴えたという。各新聞社が撮った写真によると、確かに北の洋の右肘のほうが早く落ちており、「伊之助涙の抗議」として世間の同情を集めた。

しかし、名行司である一方、ドジとしても有名で、初土俵間もないころの序ノ口尼ノ里 - 越の川戦で「あまがえるこしかけ」と間違えて叫んでしまい周囲を慌てさせたのを始めとして,庄三郎時代に歌舞伎座7代目坂東三津五郎を尋ねたときにもらったツギ足(足袋のかかと部分にはめるゴム製のもの)で背を高く見せようと(身長152cmであった)足袋を上げ底にしたあげく、俵に引っかかって土俵下まで転落してしまった。

また土俵上で力士の名前を忘れてしまい「お前さんでございー」と勝ち名乗りを上げたり、三役格時代にも鏡里 - 玉ノ海戦で鏡里が勝ったのに「玉ノ海!」と言ってしまいとっさに「……に勝ったる鏡里」と言ってごまかしたというエピソードがある。

それ以外にも1958年一月場所3日目、横綱鏡里と前頭5枚目島錦が右四つになったとき伊之助は島錦のさがりを抜こうとしたが軍配の下げ緒がさがりにからみつき、もぎ取られる格好で軍配が両力士の腹の間にはさまってしまい大あわて、館内は大爆笑。

ある年の九州場所、通用門から出勤しようとしたところ若い警備員に観客と勘違いされ、注意されたのに対して「余は式守伊之助であるぞ」と返したという。相撲界で「余」という言葉を使う人は珍しく、ここからも彼のキャラクターが窺える。

定年制の導入もあってか、行司の最高峰・木村庄之助を襲名できなかったが、未亡人の雑誌インタビューによると「ヒゲの伊之助で有名になった人だったから最後まで伊之助で終わったのがよかった」と拘りは見せなかったという。

弟子に27代庄之助10代与太夫31代庄之助がいる。

履歴[編集]

著作[編集]

  • 「軍配六十年」

参考文献[編集]

  • 泉 林八「二十二代庄之助一代記」(読売新聞社『大相撲』連載)
  • 茨城県生活環境部生活文化課「輝く茨城の先人たち」HP[1]