式守伊之助 (6代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

6代 式守 伊之助(ろくだい しきもり いのすけ、1814年-1880年9月2日)は、大相撲立行司。本名は長岡宗助→式守伊之助。出身地は現在の宮城県仙台市

人物[編集]

4代伊之助の弟子で、最初は式守宗助と名乗った。後に2代式守鬼一郎を襲名、嘉永3年(1850年)11月に次席に就いた。嘉永6年(1853年)11月に6代伊之助を襲名、年寄永浜を兼務した。明治13年(1880年)に死去するまで伊之助在位28年、53場所は史上最多の記録。明治10年(1877年)1月から首席(木村庄之助の上位)に就いた。歴代の伊之助の中で、庄之助より上位として土俵に上がったことのある唯一の伊之助である。8代伊之助も庄之助より上位として番付に載ったことがあるが、その場所前に亡くなった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]