式守伊之助 (8代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

8代 式守 伊之助(はちだい しきもり いのすけ、天保14年5月14日1843年6月11日) - 明治30年(1897年12月18日)は、大相撲立行司。本名は後藤文次郎(与太夫)。出身地は現在の岩手県北上市

人物[編集]

6代伊之助の弟子。初代の式守錦太夫で、安政3年(1856年)11月に初めて番付に載る。明治4年(1871年)3月に3代式守与太夫を襲名し、地道に昇進していった。明治17年(1884年)5月に8代伊之助を襲名。1年後に次席となった。堅実な軍配裁きに定評があった。明治31年(1898年)1月場所で首席(木村庄之助の上位)になったが、場所前の明治30年(1897年)12月18日死去した。享年54。1月場所の番付は死跡となった。松翁20代木村庄之助養子である。

参考文献[編集]

関連項目[編集]