木村庄之助 (7代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

7代 木村 庄之助(しちだい きむら しょうのすけ、? - 文政11年10月24日1828年11月30日))は、大相撲立行司。本名、出身地ともに不明。

人物[編集]

谷風小野川寛政期の土俵を裁いた名行司とされる。初名は木村七次郎、宝暦7年(1757年)10月に初めて番付に載った。のち3代木村庄太郎を継いだ。明和8年(1771年)に7代目を襲名した。若いながらも気骨に富み、珍しい左利きで軍配を持った。寛政3年(1791年)と6年(1794年)の上覧相撲の栄誉に輝き、同11年(1799年)限りで現役を引退した。澄左の隠居号で長命を保ったという。

参考文献[編集]

関連項目[編集]