木村庄之助 (14代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

14代 木村 庄之助(じゅうよんだい きむら しょうのすけ、1826年-1884年8月14日)は、大相撲立行司。本名は広田(?)。出身地不詳。

人物[編集]

10代木村庄之助(9代庄之助の再勤)の弟子。1837年天保8年)10月場所において、木村留吉の名で初めて番付に載る。その後木村富吉を経て、1846年弘化3年)3月より4代木村喜代治1863年文久3年)7月より10代木村庄太郎を襲名。

1876年明治9年)4月場所を最後に13代庄之助引退すると、翌1877年(明治10年)1月場所から14代庄之助を襲名する。当時は立行司としての先輩で、実績や経験で上回る6代伊之助が首席を務めたため、庄之助としては初めて首席に就けなかった。その後伊之助の死に伴い1881年(明治14年)1月場所からは首席行司となる。1884年(明治17年)5月場所まで務め、同年8月14日に亡くなる(現役没)。番付上は死跡として1885年(明治18年)1月場所まで在位している。

関連項目[編集]