木村清之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木村 清之助(きむら せいのすけ)は、大相撲行司の名跡である。

名跡としての木村清之助[編集]

元々は木村玉之助とともに大坂相撲立行司であった。

東西合併の際の扱いから東京での式守伊之助に相当する地位であったと思われる。

房と菊綴の色は大坂立行司時代は紫白、東京加入による三役格への降格後は朱であった。

8代木村清之助が死去して以降、清之助の名跡は70年以上に亘り襲名されていない。

8代木村清之助[編集]

8代木村清之助(本名 : 魚田輿三蔵 、明治8年 -昭和17年5月、東京での所属部屋は立浪部屋)は、明治20年大阪で初土俵を踏み、第3席(当時の大阪相撲では立行司という呼称は存在しなかった。)まで出世するも、大相撲の東西合併により大日本相撲協会が発足したことによる番付統合のため開催された合併場所で、当時の清之助は立行司免許を持ちながらも吉田司家免許を持つ資格者からただ1人除外されて三役格として出場、1926年昭和元年)末に正式に合併した際にそのまま三役格行司に降格して加入、その後玉之助を襲名し立行司へと戻る機会もあったが高齢を理由に後輩の行司に譲り三役格のまま16年土俵を勤め、1942年(昭和17年)5月場所後に現役のまま数え68歳で死去した。