式守伊三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

式守伊三郎(しきもりいさぶろう)とは大相撲行司の名跡の一つで、2代目が1987年に現役中に死亡して以来襲名されていない。

発祥[編集]

1927年出羽海部屋所属の式守義(義松共。のちの24代木村庄之助)が称したことが始まりといわれる。

その前年の1926年、式守義は幕内力士福栁伊三郎らとともに巡業先でふぐ料理を食べたが、中毒が発生して福栁は亡くなった。中毒を発症したが一命を取り留めた式守義が、福栁伊三郎の冥福を祈る意味で「式守伊三郎」と名乗ったことが始まり。

歴代[編集]

  • 初代(24代木村庄之助)
  • 2代