式守伊之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

式守 伊之助(しきもり いのすけ)は大相撲立行司の名前。行司としては木村庄之助に次ぐ二番目の地位で、番付の西正位横綱に相当し、40代にわたり襲名されていた。2018年9月現在、40代の退職に伴い空き名跡となっているが、12月25日付で11代式守勘太夫が41代として襲名することが決定している[1]

解説[編集]

39代伊之助(のち37代庄之助)。式守伊之助の軍配の房色・直垂菊綴は紫白と定められている。

この名跡は代々三役格から立行司に昇格する行司が襲名しており、軍配に紫白の房、装束に紫白の菊綴じを着用し[2]、庄之助同様に軍配を差し違えた際に切腹する覚悟を意味する短刀を左腰に帯刀し、右腰に印籠を下げる。本場所では三役格以下と同様に2番を合せる。

初代明和年間より寛政年間にかけて使用した軍配は「ゆずり団扇」とも呼ばれて現在も継承され、記される文字の読み下しは不明だが、裏面の和歌は「いにしへの ことりつかひの おもかけを 今ここに見る 御世そめてたき」と読むことができる。1882年の相撲錦絵にすでに登場しているが、20代伊之助時代の1960年5月から伊之助のゆずり団扇となった。

行司停年制実施前の1958年限りで庄之助同様に年寄名跡より除かれた。現存する行司2家のうち式守家初代伊之助が式守姓を名乗ったことに由来するといわれる。

60歳を過ぎてから襲名する者が多く、19代[3]27代30代34代が64歳、26代が63歳で襲名している。若年の襲名は6代[4]8代が40歳、23代が48歳、40代は54歳で襲名している。

明治年間に本場所勧進元を務めた伊之助が開催直前に亡くなり、いわゆる「位牌勧進元」が続いた。5代、6代、7代、8代、9代と5人続けて現役で亡くなり、14代1926年1月場所から襲名となるが伊之助として土俵に上がることなく前年暮れに亡くなった。1926年1月場所の番付は14代として「式守伊之助」と書かれている。のちに「伊之助の祟り」とも喧伝されて恐れられた。

10代以降は伊之助から庄之助を襲名することが可能となったため、以後29人中17人が庄之助を襲名している。現在の制度ではもちろん庄之助に次ぐ地位であり、江戸時代~明治時代をみても基本的にそうであったが、6代と8代の2人は例外的に庄之助の上位に位置されたことがある。ただし、8代は死跡であったため庄之助より上位として土俵に上がった伊之助は6代1人だけである。

立行司が庄之助、伊之助、のちに副立行司に降格された玉之助、と3人制時代は、17代18代の2人のみが木村玉之助から昇格して伊之助を襲名した。

35代は伊之助在位1場所で庄之助を襲名した唯一の事例である。36代2005年9月場所に三役格へ昇格して4場所後の2006年5月場所に伊之助を襲名し、三役格から立行司へ史上最短で昇格した。

2008年5月場所から10代式守勘太夫38代を襲名した。2011年11月場所から38代が庄之助を襲名し、16代木村玉光が39代を襲名するはずだったが健康問題を理由に辞退し、伊之助はしばらく空位となった[5]2012年11月場所から10代木村庄三郎が39代を襲名した。2013年11月場所から39代が庄之助を襲名し、11代式守錦太夫40代を襲名した。

2017年、40代が巡業先の宿泊先で未成年行司にセクシャルハラスメント行為を行った。これにより、日本相撲協会より翌年初場所から3場所の出場停止処分を受けた。40代は辞職願を出しており、処分解除後の2018年5月31日付で受理され、退職した[6][7][8]

2018年9月27日の理事会で、11代式守勘太夫が12月25日付で立行司に昇格し、41代式守伊之助を襲名することが決定した[1]

式守伊之助の代々[編集]

襲名期間 備考
初代 1767年3月場所 - 1793年3月場所 初代伊勢ノ海五太夫の門弟。年寄鞍馬山。のち式守蝸牛の隠居号で『相撲隠雲解』を著した
2代 1793年10月場所 - 1819年11月場所 初代伊之助の弟子
初代式守見藏→(この間、伊之助を襲名するが伊勢ノ海(柏戸)訴訟事件で一時番付から消滅)→初代式守与太夫→伊之助を再勤
3代 1820年3月場所 - 1830年11月場所 初代伊之助の門人
初代式守夘之助
1795年より13年間も姿を消す
4代 1834年10月場所 - 1837年正月場所 2代伊之助の実子
3代式守見藏→2代与太夫
5代 1839年3月場所 - 1850年3月場所(死跡) 3代伊之助の弟子
初代式守勘太夫
初代伊勢ヶ濱二枚鑑札。現役没
6代 1853年11月場所 - 1880年5月場所 4代伊之助の弟子
式守宗助→2代式守鬼一郎
年寄・永浜を二枚鑑札。現役没。在位最長年(28年)
7代 1883年1月場所 - 5月場所 5代伊之助の弟子
初代式守与之吉→2代勘太夫→3代鬼一郎→勘太夫(再)→鬼一郎(再)
2代式守秀五郎を二枚鑑札、現役没
8代 1884年5月場所 - 1898年1月場所(死跡) 6代伊之助の弟子
初代式守錦太夫→3代与太夫
年寄・永浜を二枚鑑札。現役没
9代 1898年5月場所 - 1911年2月場所(死跡) 6代伊之助の弟子
式守竹二郎→初代式守錦之助→2代錦太夫→4代与太夫
年寄・式守伊之助を二枚鑑札。現役没
10代 1911年5月場所 - 1912年1月場所 後に17代木村庄之助
庄之助を襲名した初めての例
11代 1912年5月場所 - 1914年1月場所 京都行司・吉岡一學の養子
吉岡?→木村進
年寄・式守伊之助を二枚鑑札。現役没。現在の行司装束(それまでの姿から烏帽子直垂を着用)の改正発案者
12代 1915年5月場所 - 1921年5月場所 初代高砂が「改正組」を組織したときに行司として参加
木村官司→小市→2代木村誠道
年寄・式守伊之助を二枚鑑札
13代 1922年1月場所 - 1925年5月場所 後に19代木村庄之助
14代 1926年1月場所(死跡) 7代伊之助の弟子
2代式守与之吉→3代勘太夫
14代伊之助襲名も1925年12月26日に急死、翌1926年1月場所の番付には死跡ながら「式守伊之助」として記載された
15代 1926年5月場所 - 1932年5月場所 後に松翁20代木村庄之助
16代 1932年10月場所 - 1938年5月場所 9代伊之助の弟子で、のち養子
式守亀司(亀吉、亀二、亀治、亀助)→4代錦之助→4代錦太夫→7代与太夫
11代立田川を襲名
17代 1939年1月場所 - 1940年3月場所 初めて立行司・11代木村玉之助より継承。後に21代木村庄之助
18代 1940年5月場所 - 1951年5月場所 後に22代木村庄之助
19代 1951年9月場所 - 1959年11月場所 17代庄之助の弟子
木村金吾→3代木村玉治郎→8代木村庄三郎
年寄・式守伊之助を二枚鑑札。式守伊之助として行司停年制初の停年退職。「ひげの伊之助」
20代 1960年1月場所 - 1962年11月場所 後に24代木村庄之助
21代 1963年1月場所 - 1966年7月場所 後に25代木村庄之助
22代 1966年9月場所 - 1972年11月場所 後に26代木村庄之助
23代 1974年1月場所 - 1977年9月場所 後に27代木村庄之助
史上最年少の48歳で襲名。
24代 1977年11月場所 - 1984年3月場所 23代庄之助の弟子
木村正義→正信→3代木村正直
25代 1984年5月場所 - 1990年11月場所 後に28代木村庄之助
26代 1991年1月場所 - 1992年9月場所 木村宗市→6代木村庄次郎(庄二郎)→宗市→庄二郎(再)
27代 1992年11月場所 - 1993年7月場所 三役格13代木村庄太郎の弟子
木村英三→2代木村善之輔→14代庄太郎
28代 1994年5月場所 - 11月場所 後に29代木村庄之助
29代 1995年1月場所 - 2000年7月場所 木村貢→3代善之輔
30代 2000年9月場所 - 11月場所 26代庄之助の弟子
式守文夫→正一郎→7代与之吉(與之吉)→8代勘太夫
31代 2001年1月場所 - 9月場所 後に30代木村庄之助
32代 2001年11月場所 - 2003年3月場所 後に31代木村庄之助
33代 2003年5月場所 - 2005年11月場所 後に32代木村庄之助
34代 2006年1月場所 木村光彦→2代木村光之助
35代 2006年3月場所 後に33代木村庄之助
伊之助在位1場所で庄之助襲名
36代 2006年5月場所 - 2007年3月場所 後に34代木村庄之助
2005年9月場所に三役格昇格から僅か4場所(史上最短)で立行司昇格
37代 2007年5月場所 - 2008年3月場所 後に35代木村庄之助
38代 2008年5月場所 - 2011年9月場所 後に36代木村庄之助
39代 2012年11月場所 - 2013年9月場所 後に37代木村庄之助
40代 2013年11月場所 - 2018年5月場所 27代庄之助の弟子
式守吉之輔→木村吉之輔→11代錦太夫
不祥事により2018年1月場所から3場所出場停止、そのまま辞職

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b “三役格行司の式守勘太夫が41代式守伊之助に昇進”. 日刊スポーツ. (2018年9月27日). https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201809270000765.html 2018年9月27日閲覧。 
  2. ^ 1927年から1959年までの伊之助の菊綴・房は、現在のものより白部分が少ない紫白であった。伊之助が用いる現在の紫白は1927年から1951年まで木村玉之助が用い、1951年から1959年までは副立行司が用いていた。
  3. ^ 19代は定年制導入以前である。
  4. ^ 6代は生年月日が不明である。
  5. ^ 立行司が一人になるのは庄之助が不在だった2006年3月場所以来である。
  6. ^ 若手にセクハラの式守伊之助が3場所出場停止後に辞職…八角理事長「反省する時間を与えたい」
  7. ^ “式守伊之助、10代行司にセクハラ=冬巡業中に泥酔しキス-大相撲” (jp). 時事ドットコムニュース. 時事通信社 (東京: 時事通信社). (2018年1月6日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2018010501289&g=spo 2018年1月8日閲覧。 
  8. ^ 式守伊之助が退職 昨年若手行司にセクハラ 名古屋場所は24年ぶり立行司不在に - スポーツニッポン 2018年5月31日

参考文献[編集]

  • 33代木村庄之助・根間弘海『大相撲と歩んだ行司人生51年 -行司に関する用語、規定、番付等の資料付き-』、英宝社、2006年
  • ベースボール・マガジン社『相撲』2014年2月号100頁から101頁

関連項目[編集]