木村庄之助 (23代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

23代木村庄之助(にじゅうさんだい きむらしょうのすけ、1897年12月18日 - 1994年9月19日)は、大相撲立行司。本名:内山等三。石川県出身。朝日山部屋所属。木村正直(2代)を47年間と長期にわたって名乗っていたため、正直庄之助(まさなおしょうのすけ)とも呼ばれている。

経歴[編集]

初土俵1909年(明治42年) (大坂相撲) 。初名は木村藤吾。師匠は大坂相撲出身で、初代木村正直(のち8代木村玉之助)でもある木村越後。木村越後は20代木村庄之助松翁)と匹敵する名行司で、22代木村庄之助は「東の名人松翁、西の達人越後」と評している。朝日山部屋所属で、東西合併後も2代木村正直として三役格(のち副立行司)に昇格。

正直時代の1949年1月20日大日本相撲協會が当時の文部省労働省の了解を得て「行司学校」を開設、主任教授に任命された。

1960年から協会が停年制度を導入したことにより、22代庄之助、19代式守伊之助の両立行司が引退。これに伴い23代庄之助を襲名した。伊之助を経ずにいきなり庄之助を襲名しており、これは代々伊之助から庄之助を継承(17代庄之助が最初)するようになってからは2人目(前例は1922年1月場所、初代木村朝之助18代庄之助を襲名)で、その後見られない珍しい例である。在位は3年であったが、停年後は長寿を保った(96歳で逝去)。

若々しい風貌、キビキビした土俵態度、足裁きの名人で、明敏な人物であった。栃錦初代若乃花の両横綱最終戦となる全勝対決を裁くなど、「栃若時代」の代表的な行司である。弟子に24代式守伊之助(3代木村正直)がいる。また足裁きは、29代木村庄之助がその流れを受け継いでいる。

履歴[編集]