木村庄之助 (21代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

21代木村庄之助(にじゅういちだい きむら しょうのすけ、1889年4月1日 - 1970年11月25日)は、大相撲立行司。所属部屋:伊勢ノ海井筒双葉山道場・時津風。風貌から「蒋介石庄之助」と通称されている。

人物[編集]

長野県更級郡塩崎村(現長野市)出身。本名:竹内重門。幼少の頃に伊勢ノ海部屋所属の年寄・6代山響の養子となり、1897年、わずか8歳で初土俵を踏んだ。初名は3代式守与之吉で、20代庄之助が兄弟子である。

4代式守勘太夫を襲名した後、立行司11代木村玉之助に昇進した。その後17代式守伊之助を経て、立行司となってわずか2年半余りで21代庄之助を襲名した。

1939年1月場所4日目の「横綱双葉山の70連勝ならず」の大一番、対前頭3枚目・安藝ノ海(のち横綱)戦を裁いた立行司としても有名である。

行司引退後は年寄立田川を襲名。時津風理事長の命で初代若乃花が横綱に昇進した際に土俵入りの指導を行った。

弟子に26代庄之助がいる。

履歴[編集]

  • 1897年 初土俵 3代式守与之吉を名乗る。
  • 1913年夏場所 十両格に昇格。
  • 1922年夏場所 幕内格に昇格。
  • 1926年春場所 4代式守勘太夫を襲名。 
  • 1927年夏場所 三役格に昇格。
  • 1938年春場所 立行司に昇格、11代木村玉之助を襲名。
  • 1939年春場所 17代式守伊之助を襲名。
  • 1940年夏場所 21代木村庄之助を襲名。
  • 1951年5月場所限りで行司引退。
  • 1959年11月場所限りで、停年制度導入により退職。

著書[編集]

  • ハッケヨイ人生 (1966年、帝都日日新聞社)

外部リンク[編集]