式守伊之助 (3代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

3代 式守 伊之助(さんだい しきもり いのすけ、安永4年(1775年) - 天保3年3月21日1832年4月21日))は、大相撲立行司。本名は穂谷?。出身地は現在の埼玉県上尾市?。

人物[編集]

初代伊之助の弟子で、初代式守卯之助を名乗り、地道に昇進していった。だが、寛政7年(1796年)から13年間も姿を消した(理由は不明)。文化5年(1808年)10月に復帰し、文政3年(1820年)に3代伊之助を襲名して次席に就いた。同6年(1823年)と13年(1830年)2回の上覧の栄誉を賜った。文政13年(1830年)11月に現役を退き、2年後の天保3年(1832年)に没した。

参考文献[編集]

関連項目[編集]