式守伊之助 (12代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

12代 式守 伊之助(じゅうにだい しきもり いのすけ、安政6年6月15日1859年7月14日) - 昭和12年(1937年12月25日)は、大相撲立行司。本名は小島勘治郎。出身地は現在の愛知県名古屋市緑区鳴海。

人物[編集]

高砂浦五郎の改正組に行司として参加、初めは木村官司と名乗った。高砂の東京相撲復帰と同時に加入。1878年5月に番付に初めて載った。1880年5月に木村小市と改名。1893年1月に幕内格。1908年5月に木村誠道(2代目)に改名した。その後、1914年1月に12代式守伊之助を襲名した。「見越し軍配の名人」と評された。1921年夏場所後の11月に引退を表明。引退後は相撲茶屋や映画館を経営した。1937年12月25日死去。享年79。

参考文献[編集]

関連項目[編集]