木村庄之助 (16代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

16代 木村 庄之助(じゅうろくだい きむら しょうのすけ、嘉永2年11月12日1849年12月26日) - 明治45年(1912年1月6日)は、大相撲立行司。本名は柘→大家→柘新助。出身地は、現在の愛知県豊橋市

人物[編集]

吉田船町(現・豊橋市船町)で煮売屋の長男として生まれる[1]。田舎相撲の強豪だった父親の影響で相撲に興味を持つが、体格に恵まれなかったため行司として研鑽を積むようになる。

安政6年(1859年)秋、吉田で江戸相撲の興行があり、その折に3代目清見潟に預けられ入門。13代庄之助に師事し、元治元年(1864年)4月に木村新介の名で初めて番付に載った。明治4年(1871年)4月に、3代木村龍五郎を襲名。

明治6年(1873年)冬、初代高砂が改正組を立ち上げるとこれに参加、高砂と行動を共にした。この間、吉田誠道[注釈 1]を経て木村誠道(初代)と改名、5年後の明治11年(1878年)に高砂が東京相撲に復帰すると同時に復帰した。

その後、7代式守伊之助の遺族の養子となり(後に離縁)、4代式守鬼一郎を襲名した(姓も「大家」に改めた)[注釈 2]。離縁後は再び木村誠道に戻し、明治31年(1898年)1月に16代庄之助を襲名した[注釈 3]梅ヶ谷常陸山の全盛時代を裁いた。

晩年は、中風により手先が震えたため「ブル庄」と呼ばれた[2][3]。明治45年(1912年1月6日肺炎のため死去[4]。享年64。庄之助在位は15年に及んだ。

注釈[編集]

  1. ^ 「誠道」の名は、当時の愛知県令鷲尾隆聚から贈られたもの[1]
  2. ^ 「木村」「式守」の両姓を名乗った始まりである[2]
  3. ^ 襲名当時の番付では8代伊之助が首席としてその名を記し、庄之助は次席であったが、この時既に伊之助が他界していたため、本場所を迎えた時点で事実上首席を勤めていた。

出典[編集]

  1. ^ a b 郷土豊橋を築いた先覚者たち 1986, p. 288.
  2. ^ a b 大相撲人物大事典 2001, p. 689.
  3. ^ 郷土豊橋を築いた先覚者たち 1986, p. 289.
  4. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)10頁

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]