木村庄之助 (11代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

11代 木村 庄之助(じゅういちだい きむら しょうのすけ、? - 文久2年12月6日1863年1月25日))は、大相撲立行司。本名、出身地ともに不明。

人物[編集]

8代庄之助(のちの松翁)の実子。初名は木村留次郎。文化5年(1808年)に木村庄助の名で上位から5人目で初登場。文政7年(1824年)に6代庄太郎を継いだ。

天保の初め頃に庄之助襲名争いでしばらく姿を消した。義兄の再勤・10代庄之助の没後に晴れて11代庄之助を襲名。しかし病弱で天保14年(1843年)の上覧相撲は欠場、実父の松翁が没すると同時に引退した。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
木村庄之助 (10代)
木村庄之助 (11代)
1839年 - 1844年
次代:
木村庄之助 (12代)